Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 車輪(しゃりん、英: wheel ホイール、ウィール)とは、軸にとりつけた円形(の外周)の部品のこと。小さな力で物を移動させるために用いられる。車輪が無いと、1. 物を持ち上げつつ移動させるか、2. あるいは物を地面・床面に接触した状態で押したり引いたりしなければならない。1の場合、持ち上げる(持ち上げ続ける)のに大きな力を要する。2.の場合、すべり摩擦よりも大きな力で押したり引いたりしなければならなくなる。車にはたらく摩擦は「転がり摩擦」で、これはすべり摩擦よりも遥かに小さく、遥かに小さな力で押す(引く)だけで移動させることができる。たとえば、普通自動車(おおむね1トン超)でも、車輪がついていてブレーキさえ解除していれば、男性が独りで押しているとゆっくりと動き出すほどに転がり抵抗は小さい。もしも車輪がついていなかったら、男性1人で1トンのものは持ち上げることができず移動させられない。また通常の地面に車輪無しの1トンの鉄の箱が接触した状態では、1人の男性では押したり引いたりして移動させることは不可能である。車輪の ある/なし でそれほどの差がある。また、中型ジェット旅客機のように重いものですら、車輪が出ていてブレーキが解除してあれば男性一人が引いて、数メートルほどなら移動させることができるほどに、転がり摩擦というのは小さい(そもそもそれほどに小さいからこそ、ときどきテレビなどで男性がジェット機を引いて、さも「怪力」であるかのようなフリをする、というパフォーマンスができるのであり、実は、少し力が強い、という程度の人でも移動させられる。)。ピラミッドの石材運搬時に、丸い材木(ころ)を下に敷いて運搬を効率化したような例は、古くから行われていたと想像できるが、円盤状の板材の車輪に車軸を通して回転可能にした構造は、人類の発明の中でも偉大なものの一つであるといわれることもある。一般的に言う「車輪」「ホイール」はタイヤやチューブまで回転部分全てを指す。が、これら軟質の部品を含まない、硬質の部分だけでもやはり「wheel ホイール」と言う。(この記事中で、一部、硬質の部分だけを指している箇所がある。)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 5258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10988 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57527052 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 車輪(しゃりん、英: wheel ホイール、ウィール)とは、軸にとりつけた円形(の外周)の部品のこと。小さな力で物を移動させるために用いられる。車輪が無いと、1. 物を持ち上げつつ移動させるか、2.
rdfs:label
  • 車輪
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:自由項目2(項目名)_ of
is foaf:primaryTopic of