Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 車軸懸架(しゃじくけんか)とは、自動車のサスペンション形式をいう。リジッドアクスル(rigid axle)、固定車軸式等ともいう。これに対するのは独立懸架。独立懸架式は左右のサスペンションが個別にストロークすることが可能であるのに対し、車軸懸架式は左右の車輪が車軸でつながっているため、互いの影響を受ける。また、アクスルビームやアクスルハウジング自体が重く、ばね下重量が大きくなりがちである。馬車を含め、古くは、ほとんどの自動車のサスペンションが前後ともに車軸懸架方式であった。構造が単純かつ堅牢(頑丈)であるため、現在では主にトラックに見られる。小型車から中型車では後輪に、大型車では前後とも車軸懸架となっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 859025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58132636 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • 180 (xsd:integer)
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • DeDion Axle Diagram.png
  • Panhard rod.svg
  • Solid Axle Diagram.gif
  • Wattslinkage.JPG
prop-ja:説明
  • 代表的な車軸懸架、デファレンシャルギアが車軸とともに上下する。
  • ド・ディオンアクスル(ド・ディオン式サスペンション)。 デファレンシャルギアは独立懸架のように車体に固定されている。青色が車軸、赤色がドライブシャフト
  • ラテラルロッド(パナールロッド)
  • ワッツリンク
  • 車軸懸架の方式のひとつである
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 車軸懸架(しゃじくけんか)とは、自動車のサスペンション形式をいう。リジッドアクスル(rigid axle)、固定車軸式等ともいう。これに対するのは独立懸架。独立懸架式は左右のサスペンションが個別にストロークすることが可能であるのに対し、車軸懸架式は左右の車輪が車軸でつながっているため、互いの影響を受ける。また、アクスルビームやアクスルハウジング自体が重く、ばね下重量が大きくなりがちである。馬車を含め、古くは、ほとんどの自動車のサスペンションが前後ともに車軸懸架方式であった。構造が単純かつ堅牢(頑丈)であるため、現在では主にトラックに見られる。小型車から中型車では後輪に、大型車では前後とも車軸懸架となっている。
rdfs:label
  • 車軸懸架
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:サスペンション of
is foaf:primaryTopic of