Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 跳躍進化説(ちょうやくしんかせつ、英Saltastion、Saltationism)とは、一つの世代と次の世代の間で、通常の個体変異と比較して、より大きな進化的変化が起きるという進化理論の一つ。この用語はいくつかの意味を持ち、広義には大きな表現型の変化を伴う進化の全般を指すことがある。しかし通常はより狭義の、大規模な遺伝的変異が同時に発生すること、あるいは一世代で種分化が起きることと言う意味で用いられている。狭義の意味では、小さな変異と自然選択の累積によって進化が起きると考えるネオ・ダーウィニズムの漸進主義と明確に対立する。跳躍説、跳躍進化とも呼ばれる。英語のSaltationはラテン語のsaltus(ジャンプ)に由来する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1581441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2062 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47496477 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 跳躍進化説(ちょうやくしんかせつ、英Saltastion、Saltationism)とは、一つの世代と次の世代の間で、通常の個体変異と比較して、より大きな進化的変化が起きるという進化理論の一つ。この用語はいくつかの意味を持ち、広義には大きな表現型の変化を伴う進化の全般を指すことがある。しかし通常はより狭義の、大規模な遺伝的変異が同時に発生すること、あるいは一世代で種分化が起きることと言う意味で用いられている。狭義の意味では、小さな変異と自然選択の累積によって進化が起きると考えるネオ・ダーウィニズムの漸進主義と明確に対立する。跳躍説、跳躍進化とも呼ばれる。英語のSaltationはラテン語のsaltus(ジャンプ)に由来する。
rdfs:label
  • 跳躍進化説
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of