Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 趙 光祖(ちょう こうそ、チョ・グァンジョ、朝鮮語: 조광조、1482年 - 1519年)は、16世紀前半の朝鮮時代中期の儒学者、政治家。高麗末の鄭夢周以来の儒学の伝統を受け継ぎ、朝鮮性理学の学問としての端緒を確立した儒家で、自ら提唱した「道学政治」を実践した改革派の政治家でもあった。本貫は漢陽趙氏で、字は孝直、号は静庵で、著書としては『静庵集』が遺されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1886483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58272372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:hangeul
  • 조광조
prop-ja:hanja
  • 趙光祖
prop-ja:hiragana
  • ちょう・こうそ
prop-ja:katakana
  • チョ・グァンジョ
prop-ja:picture
prop-ja:title
  • 趙光祖
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 趙 光祖(ちょう こうそ、チョ・グァンジョ、朝鮮語: 조광조、1482年 - 1519年)は、16世紀前半の朝鮮時代中期の儒学者、政治家。高麗末の鄭夢周以来の儒学の伝統を受け継ぎ、朝鮮性理学の学問としての端緒を確立した儒家で、自ら提唱した「道学政治」を実践した改革派の政治家でもあった。本貫は漢陽趙氏で、字は孝直、号は静庵で、著書としては『静庵集』が遺されている。
rdfs:label
  • 趙光祖
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of