Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 長岡藩(ながおかはん)は、越後国の古志郡全域及び三島郡北東部、蒲原郡西部(現在の新潟県中越地方の北部から下越地方の西部)を治めた藩。現在の新潟県長岡市・新潟市を支配領域に含む藩であった。山城長岡藩と区別するため、越後長岡藩(えちごながおかはん)と国名を冠して呼ばれることもある。藩庁は長岡城(長岡市)。藩主は初めに堀氏(80,000石)、のちに牧野氏に交替した。牧野氏の家格は帝鑑間詰めの譜代大名で、石高ははじめ62,000石、後に加増されて74,000石になった。正徳2年(1712年)の内高は約115,300石、安政元年(1858年)には約142,700石あった。戊辰戦争で奥羽越列藩同盟側で敗北したため24,000石に減封となり、明治3年(1870年)に廃藩となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 164702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 32660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59252866 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
  • 柏崎県(第1次)
prop-ja:before
  • (越後国)
prop-ja:title
  • 行政区の変遷
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1616 (xsd:integer)
prop-ja:表記
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 長岡藩(ながおかはん)は、越後国の古志郡全域及び三島郡北東部、蒲原郡西部(現在の新潟県中越地方の北部から下越地方の西部)を治めた藩。現在の新潟県長岡市・新潟市を支配領域に含む藩であった。山城長岡藩と区別するため、越後長岡藩(えちごながおかはん)と国名を冠して呼ばれることもある。藩庁は長岡城(長岡市)。藩主は初めに堀氏(80,000石)、のちに牧野氏に交替した。牧野氏の家格は帝鑑間詰めの譜代大名で、石高ははじめ62,000石、後に加増されて74,000石になった。正徳2年(1712年)の内高は約115,300石、安政元年(1858年)には約142,700石あった。戊辰戦争で奥羽越列藩同盟側で敗北したため24,000石に減封となり、明治3年(1870年)に廃藩となった。
rdfs:label
  • 越後長岡藩
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:result of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of