Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 超原子価化合物もしくは超原子価分子(hypervalent molecule)とは、形式的に原子価殻に8つ以上の電子を持つ典型元素を含有する化合物、分子のことである。また、このような状態の典型元素は超原子価状態である、超原子価を取る、などと言われる。五塩化リン (PCl5), 六フッ化硫黄 (SF6),リン酸イオン (PO43-), 三ヨウ化物イオン (I3-)は超原子価化合物の例である。超原子価化合物はJeremy I. Musherによって、酸化数の最も低い状態でない15-18族の元素を持つ化合物として、1969年に初めて定義された。いくつかの特殊な超原子価化合物が存在する。 超原子価ヨウ素化合物は、有機化学において有用な反応試薬である。 スルフランやペルスルフランは超原子価硫黄化合物である。↑
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1232934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59061862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 超原子価化合物もしくは超原子価分子(hypervalent molecule)とは、形式的に原子価殻に8つ以上の電子を持つ典型元素を含有する化合物、分子のことである。また、このような状態の典型元素は超原子価状態である、超原子価を取る、などと言われる。五塩化リン (PCl5), 六フッ化硫黄 (SF6),リン酸イオン (PO43-), 三ヨウ化物イオン (I3-)は超原子価化合物の例である。超原子価化合物はJeremy I. Musherによって、酸化数の最も低い状態でない15-18族の元素を持つ化合物として、1969年に初めて定義された。いくつかの特殊な超原子価化合物が存在する。 超原子価ヨウ素化合物は、有機化学において有用な反応試薬である。 スルフランやペルスルフランは超原子価硫黄化合物である。↑
rdfs:label
  • 超原子価
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of