Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 超光速通信(ちょうこうそくつうしん)は、光速より早く情報を伝える技術で、SFにしばしば登場する架空の通信技術である。現実世界では、アルベルト・アインシュタインの相対性理論により、光速を超えて情報や物質を送ることは不可能とされているが、星々の世界を舞台とするSFでは、光年単位で離れている恒星間の交流の際に、こうした速度の限界によるタイムラグがあっては都合が悪いため、超光速航法や超光速通信が設定されている。このような事情から、ハードSFからスペースオペラなど様々なSF作品では、光や電波による通常の通信のみならず、硬軟とりまぜ多種多様な超光速通信方法が編み出されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 195372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53738446 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 超光速通信(ちょうこうそくつうしん)は、光速より早く情報を伝える技術で、SFにしばしば登場する架空の通信技術である。現実世界では、アルベルト・アインシュタインの相対性理論により、光速を超えて情報や物質を送ることは不可能とされているが、星々の世界を舞台とするSFでは、光年単位で離れている恒星間の交流の際に、こうした速度の限界によるタイムラグがあっては都合が悪いため、超光速航法や超光速通信が設定されている。このような事情から、ハードSFからスペースオペラなど様々なSF作品では、光や電波による通常の通信のみならず、硬軟とりまぜ多種多様な超光速通信方法が編み出されている。
rdfs:label
  • 超光速通信
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of