Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 超光速航法(ちょうこうそくこうほう)はSFなどに見られる架空の航法であり、宇宙船が光速を超える速さで航行するための技術。相対性理論によると、物体の相対論的質量は速度が上がるに従って増加し、光速において無限大となる。このため、単純に加速を続けても光速に達することも、光速を越えることもできない。宇宙を縦横無尽に駆け回るようなSFの恒星船(とくにスペースオペラ)では、これでは都合が悪いので、様々な架空理論にもとづく超光速航法が考えられている。ハードSFにおいては、最先端の物理学の仮説を利用して、相対論の枠内でブラックホールを利用して超光速を使わずに空間移動する方法や、超空間での移動を用いる。また、SFの設定では、超光速航法の関連技術を使って超光速通信も行われているとすることがある。そうでない場合、通信よりも超光速宇宙船で移動するほうが先に届くため「通信宇宙船」を設定することがある。逆に相対性理論を厳密に適用し、宇宙船の速度が光速を越えないSFも多く存在する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 93753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58094134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 超光速航法(ちょうこうそくこうほう)はSFなどに見られる架空の航法であり、宇宙船が光速を超える速さで航行するための技術。相対性理論によると、物体の相対論的質量は速度が上がるに従って増加し、光速において無限大となる。このため、単純に加速を続けても光速に達することも、光速を越えることもできない。宇宙を縦横無尽に駆け回るようなSFの恒星船(とくにスペースオペラ)では、これでは都合が悪いので、様々な架空理論にもとづく超光速航法が考えられている。ハードSFにおいては、最先端の物理学の仮説を利用して、相対論の枠内でブラックホールを利用して超光速を使わずに空間移動する方法や、超空間での移動を用いる。また、SFの設定では、超光速航法の関連技術を使って超光速通信も行われているとすることがある。そうでない場合、通信よりも超光速宇宙船で移動するほうが先に届くため「通信宇宙船」を設定することがある。逆に相対性理論を厳密に適用し、宇宙船の速度が光速を越えないSFも多く存在する。
rdfs:label
  • 超光速航法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of