Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 起承転結(きしょうてんけつ)とは、4行から成る漢詩(近体詩)の絶句の構成を指します。一行目から順に起句、承句、転句、結句と呼ぶ。もとの中国語(漢文)では、起承転合 (中国語: 起承转合, qǐ chéng zhuǎn hé) である。日本においては、本来の意味から転じて、文章やストーリーを4つに分けたときの構成、または各部の呼称としても使われる。一方で、起承転結による文章は論理的ではないと指摘されている(「批判」の節を参照)。また、文章やストーリーの構成としての起承転結は、ローカルなスタイルであり、国際的には、英語の一般的な文章ではパラグラフ・ライティング (主張→根拠→主張' )、学術論文ではIMRAD、および映画などの脚本では三幕構成が主に用いられている (「比較」の節を参照)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 12497 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24634 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58739016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 起承転結(きしょうてんけつ)とは、4行から成る漢詩(近体詩)の絶句の構成を指します。一行目から順に起句、承句、転句、結句と呼ぶ。もとの中国語(漢文)では、起承転合 (中国語: 起承转合, qǐ chéng zhuǎn hé) である。日本においては、本来の意味から転じて、文章やストーリーを4つに分けたときの構成、または各部の呼称としても使われる。一方で、起承転結による文章は論理的ではないと指摘されている(「批判」の節を参照)。また、文章やストーリーの構成としての起承転結は、ローカルなスタイルであり、国際的には、英語の一般的な文章ではパラグラフ・ライティング (主張→根拠→主張' )、学術論文ではIMRAD、および映画などの脚本では三幕構成が主に用いられている (「比較」の節を参照)。
rdfs:label
  • 起承転結
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of