Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 赤道ギニアの教育は14歳まで無償かつ義務である。1993年に於いて、総就学率は149.7%であり、純就学率は83.4%だった、約24%の入学が全年齢の中で適した生徒である。5年間の初等教育に続き、4年間の前期中等教育と3年間の後期中等教育が続く。2001年には、3歳から6歳までの約35%の児童が何らかの就学前教育プログラムに登録していた。全学生の約45%が各自の初等教育を終えていると推測される。2000年の学生対教員の比率は初等教育で約43:1、中等教育では23:1であった。赤道ギニア国立大学は第一の高等教育機関である。2004年の成人識字率は84.2%であり、男性は92.1%、女性は76.4%であった。2003年現在、教育への公共支出はGDPの0.6%、政府総支出の1.6%であったと推計された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2163047 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 5 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47069155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 赤道ギニアの教育は14歳まで無償かつ義務である。1993年に於いて、総就学率は149.7%であり、純就学率は83.4%だった、約24%の入学が全年齢の中で適した生徒である。5年間の初等教育に続き、4年間の前期中等教育と3年間の後期中等教育が続く。2001年には、3歳から6歳までの約35%の児童が何らかの就学前教育プログラムに登録していた。全学生の約45%が各自の初等教育を終えていると推測される。2000年の学生対教員の比率は初等教育で約43:1、中等教育では23:1であった。赤道ギニア国立大学は第一の高等教育機関である。2004年の成人識字率は84.2%であり、男性は92.1%、女性は76.4%であった。2003年現在、教育への公共支出はGDPの0.6%、政府総支出の1.6%であったと推計された。
rdfs:label
  • 赤道ギニアの教育
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of