Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 赤道ギニア共和国はアフリカ中央西部に位置している。ビオコ島はカメルーンから約40kmの地点に位置している。アンノボン島はビオコ島の南西595kmの地点に位置している。より大きな大陸地域のリオ・ムニは本土のカメルーンとガボンの間に位置し、コリスコ島、大エロベイ島、小エロベイ島、及び近隣の小島を含んでいる。ビオコ島──1970年代までフェルナンド・ポーと呼ばれていた──はギニア湾最大の島である(2,017km²)。ブーツに似た形をしており、谷によって分けられた二つの大きな火山構造が、最も狭い部分で島を二分している。195kmの海岸線は南部では険しく武骨だが、マラボとルバのような優れた入り江と、それらの間に幾つかの景勝の浜辺がある北部では低く、かつアクセスしやすい。大陸部にあたるリオ・ムニは26,003km²の広さがある。沿岸平野は低い丘とクリスタル山脈の支線によって隔てられた渓谷との連続に道を譲っている。ベニト川(ムビニ川)はリオ・ムニを半分に分け、河口付近の下流20kmの範囲を除いて船舶の航行は不能である。リオ・ムニの気温と湿度は概してビオコ島より低い。アンノボン島──名前は発見の日の1472年の元旦に因んでいる──18km²の面積を持つ小さな火山島である。海岸線は北部を除いて切り立っており、主要火山の頂上には小さな湖がある。約1,900人の住民の多くは伝統的漁法による小規模のマグロ漁及び捕鯨に特化した漁民である。気候は熱帯であり、激しい降雨、高い湿度、頻繁な季節ごとの暴風が発生する。位置:カメルーンとガボンの間の、西アフリカのビアフラ湾に接する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2163795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2990 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47220291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 赤道ギニア共和国はアフリカ中央西部に位置している。ビオコ島はカメルーンから約40kmの地点に位置している。アンノボン島はビオコ島の南西595kmの地点に位置している。より大きな大陸地域のリオ・ムニは本土のカメルーンとガボンの間に位置し、コリスコ島、大エロベイ島、小エロベイ島、及び近隣の小島を含んでいる。ビオコ島──1970年代までフェルナンド・ポーと呼ばれていた──はギニア湾最大の島である(2,017km²)。ブーツに似た形をしており、谷によって分けられた二つの大きな火山構造が、最も狭い部分で島を二分している。195kmの海岸線は南部では険しく武骨だが、マラボとルバのような優れた入り江と、それらの間に幾つかの景勝の浜辺がある北部では低く、かつアクセスしやすい。大陸部にあたるリオ・ムニは26,003km²の広さがある。沿岸平野は低い丘とクリスタル山脈の支線によって隔てられた渓谷との連続に道を譲っている。ベニト川(ムビニ川)はリオ・ムニを半分に分け、河口付近の下流20kmの範囲を除いて船舶の航行は不能である。リオ・ムニの気温と湿度は概してビオコ島より低い。アンノボン島──名前は発見の日の1472年の元旦に因んでいる──18km²の面積を持つ小さな火山島である。海岸線は北部を除いて切り立っており、主要火山の頂上には小さな湖がある。約1,900人の住民の多くは伝統的漁法による小規模のマグロ漁及び捕鯨に特化した漁民である。気候は熱帯であり、激しい降雨、高い湿度、頻繁な季節ごとの暴風が発生する。位置:カメルーンとガボンの間の、西アフリカのビアフラ湾に接する。
rdfs:label
  • 赤道ギニアの地理
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of