Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 赤道(せきどう、英語:Equator、スペイン語:Ecuador、ポルトガル語:Equador)は、自転する天体の重心を通り、天体の自転軸に垂直な平面が天体表面を切断する、理論上の線。緯度の基準の一つであり、緯度0度を示す。緯線の中で唯一の大円である。赤道より北を北半球、南を南半球という。また、天文学では赤道がつくる面(赤道面)と天球が交わってできる円のことを赤道(天の赤道)と呼ぶ。天の赤道は恒星や惑星の天球上の位置(赤緯、赤経)を決める基準となる。以下、特に断らないかぎり地球の赤道について述べる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 14542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58449912 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
prop-ja:lat
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 赤道(せきどう、英語:Equator、スペイン語:Ecuador、ポルトガル語:Equador)は、自転する天体の重心を通り、天体の自転軸に垂直な平面が天体表面を切断する、理論上の線。緯度の基準の一つであり、緯度0度を示す。緯線の中で唯一の大円である。赤道より北を北半球、南を南半球という。また、天文学では赤道がつくる面(赤道面)と天球が交わってできる円のことを赤道(天の赤道)と呼ぶ。天の赤道は恒星や惑星の天球上の位置(赤緯、赤経)を決める基準となる。以下、特に断らないかぎり地球の赤道について述べる。
rdfs:label
  • 赤道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:site of
is foaf:primaryTopic of