Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エイリーク・ソルヴァルズソン (古ノルド語: Eiríkr Þorvaldsson, 950年頃 - 1003年頃) 、通称「赤毛のエイリーク」(古ノルド語: Eiríkr hinn rauði, 英語: Erik the Red)は、ノルウェー、アイスランドの首領、探検家。ヨーロッパ人として初めてグリーンランドに入植した人物とされる。「赤毛のエイリーク」は個人の特徴を名前の後ろにつけて区別する慣習によるあだ名であるが、『赤毛のエイリークのサガ』や『グリーンランド人のサガ』、『植民の書』など、アイスランド・サガに残る記録により、こちらの呼称で知られるようになった。妻はヨルンド・ウールヴズソンの娘、ショーズヒルド (Þjóðhildr) 。彼女との間にレイフ (Leifur) 、ソルヴァルド (Þorvaldr) 、ソルステイン (Þorsteinn) の三人の息子と、庶子に娘フレイディース (Freydís) がいたと伝えられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1054476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55448319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エイリーク・ソルヴァルズソン (古ノルド語: Eiríkr Þorvaldsson, 950年頃 - 1003年頃) 、通称「赤毛のエイリーク」(古ノルド語: Eiríkr hinn rauði, 英語: Erik the Red)は、ノルウェー、アイスランドの首領、探検家。ヨーロッパ人として初めてグリーンランドに入植した人物とされる。「赤毛のエイリーク」は個人の特徴を名前の後ろにつけて区別する慣習によるあだ名であるが、『赤毛のエイリークのサガ』や『グリーンランド人のサガ』、『植民の書』など、アイスランド・サガに残る記録により、こちらの呼称で知られるようになった。妻はヨルンド・ウールヴズソンの娘、ショーズヒルド (Þjóðhildr) 。彼女との間にレイフ (Leifur) 、ソルヴァルド (Þorvaldr) 、ソルステイン (Þorsteinn) の三人の息子と、庶子に娘フレイディース (Freydís) がいたと伝えられている。
rdfs:label
  • 赤毛のエイリーク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of