Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 赤バス(あかバス)は、かつて運行されていた大阪市交通局の小型ノンステップバスによるコミュニティバスである。名称は車体の色に由来しており、公募によって決定された。運賃は100円均一だったため、100円バスの役割もあった。運行は、赤バス運行開始当初より2010年までは全系統が大阪市と、大阪市交通労働組合の共同出資により設立された大阪運輸振興(現・大阪シティバス)に委託していたが、同年3月28日のダイヤ改正で一部の系統で井高野営業所も担当することになったため、同営業所の担当路線に限り南海バスに委託していた。一般の大型バス路線ではカバーしきれない各区内の住宅地と病院・商店街・鉄道駅・区役所などの公共施設をきめ細かく結ぶ地域密着型公共交通サービスとして、2000年5月20日に試験的に5路線での運行を開始。2002年1月27日に21路線で本格的な運行を開始した。以後、路線数の増減もあったが、乗客数の伸び悩みなどから2013年3月31日で運行を終了した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 35398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10511 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58665986 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 赤バス(あかバス)は、かつて運行されていた大阪市交通局の小型ノンステップバスによるコミュニティバスである。名称は車体の色に由来しており、公募によって決定された。運賃は100円均一だったため、100円バスの役割もあった。運行は、赤バス運行開始当初より2010年までは全系統が大阪市と、大阪市交通労働組合の共同出資により設立された大阪運輸振興(現・大阪シティバス)に委託していたが、同年3月28日のダイヤ改正で一部の系統で井高野営業所も担当することになったため、同営業所の担当路線に限り南海バスに委託していた。一般の大型バス路線ではカバーしきれない各区内の住宅地と病院・商店街・鉄道駅・区役所などの公共施設をきめ細かく結ぶ地域密着型公共交通サービスとして、2000年5月20日に試験的に5路線での運行を開始。2002年1月27日に21路線で本格的な運行を開始した。以後、路線数の増減もあったが、乗客数の伸び悩みなどから2013年3月31日で運行を終了した。
rdfs:label
  • 赤バス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of