Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 質点(しつてん、英語: point mass)とは、物理学における力学上の概念であり、位置が一意的に定まり、質量をともなうが、大きさ、変形、などの他の属性を一切もたない運動の要素を指す。質点の本質は、内部自由度を持たないことにある。質点は、モデルを記述するための理想概念であって現実と対応しないように誤解される場合もあるが、球対称な質量分布を持つ固い物体は、その重心運動を扱う限りにおいては、全質量をその中心に集中させた質点として扱えることが、初等的な積分計算で証明できる。従って、惑星の公転軌道を計算する場合などにおいては、惑星を質点と見なしてもかなりよい精度で計算できる。ただしこの場合は、自転や、大気圏構造に関する考察はできない。すなわち、真の質点が存在するか否かは問題ではなく、対象を質点と見なして考察できる現象を扱うのかどうかが問題となる。多数の質点が存在する系を質点系という。この場合の質点の数は、2から、一般の n個まで、様々である。質点系を扱う際には、個々の質点に自然数の番号をつけて「〜番目の質点」のように区別するとともに、総和記号を用いて式の見通しをよくすることがよく行われる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 183849 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58562452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 質点(しつてん、英語: point mass)とは、物理学における力学上の概念であり、位置が一意的に定まり、質量をともなうが、大きさ、変形、などの他の属性を一切もたない運動の要素を指す。質点の本質は、内部自由度を持たないことにある。質点は、モデルを記述するための理想概念であって現実と対応しないように誤解される場合もあるが、球対称な質量分布を持つ固い物体は、その重心運動を扱う限りにおいては、全質量をその中心に集中させた質点として扱えることが、初等的な積分計算で証明できる。従って、惑星の公転軌道を計算する場合などにおいては、惑星を質点と見なしてもかなりよい精度で計算できる。ただしこの場合は、自転や、大気圏構造に関する考察はできない。すなわち、真の質点が存在するか否かは問題ではなく、対象を質点と見なして考察できる現象を扱うのかどうかが問題となる。多数の質点が存在する系を質点系という。この場合の質点の数は、2から、一般の n個まで、様々である。質点系を扱う際には、個々の質点に自然数の番号をつけて「〜番目の質点」のように区別するとともに、総和記号を用いて式の見通しをよくすることがよく行われる。
rdfs:label
  • 質点
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of