Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 質取行為(しちとりこうい)とは、中世日本において、別の地域に住む債務者から弁済を受けられなかった債権者が、債務者と同一の地域に住む第三者(債務者との面識の有無は問わず)の身柄あるいは財物を債務の賠償として私的に差し押さえる行為。また訴訟の当事者が係争相手と同一の地域に住む第三者に対して行われる場合もある。この場合、対象とした「地域」によって呼び方が異なる。同一の令制国居住者を対象とする質取行為→国質(くにじち)同一の荘園居住者を対象とする質取行為→荘質(しょうじち・庄質)同一の郷居住者を対象とする質取行為→郷質(ごうじち)同一の村居住者を対象とする質取行為→村質(むらじち)同一の所(都市・町・所領・座)居住者を対象とする質取行為→所質(ところじち)これらの行為は対象とする地域の範疇を異にするだけで内容的にはほぼ同一の行為である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1165861 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49069307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 質取行為(しちとりこうい)とは、中世日本において、別の地域に住む債務者から弁済を受けられなかった債権者が、債務者と同一の地域に住む第三者(債務者との面識の有無は問わず)の身柄あるいは財物を債務の賠償として私的に差し押さえる行為。また訴訟の当事者が係争相手と同一の地域に住む第三者に対して行われる場合もある。この場合、対象とした「地域」によって呼び方が異なる。同一の令制国居住者を対象とする質取行為→国質(くにじち)同一の荘園居住者を対象とする質取行為→荘質(しょうじち・庄質)同一の郷居住者を対象とする質取行為→郷質(ごうじち)同一の村居住者を対象とする質取行為→村質(むらじち)同一の所(都市・町・所領・座)居住者を対象とする質取行為→所質(ところじち)これらの行為は対象とする地域の範疇を異にするだけで内容的にはほぼ同一の行為である。
rdfs:label
  • 質取行為
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of