Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 資本主義(しほんしゅぎ()、英: capitalism)とは、経済の仕組みの一種で、資本の運動が社会のあらゆる基本原理となり、利潤や余剰価値を生む体制である。「資本制」とも言う。社会に貨幣を投下し、投下された貨幣が社会を運動してより大きな貨幣となって回収される場合、この貨幣が「資本」とよばれる(資本を参照)。カール・マルクスは著書『資本論』の中で「生産手段が少数の資本家に集中し、一方で自分の労働力を売るしか生活手段がない多数の労働者が存在する生産様式」として「資本主義」と定義した。なお、あくまで経済面から見たもので、イデオロギーにおける自由主義・民主主義とは関係ない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 20959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5975 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56863590 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2008 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2008 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 資本主義(しほんしゅぎ()、英: capitalism)とは、経済の仕組みの一種で、資本の運動が社会のあらゆる基本原理となり、利潤や余剰価値を生む体制である。「資本制」とも言う。社会に貨幣を投下し、投下された貨幣が社会を運動してより大きな貨幣となって回収される場合、この貨幣が「資本」とよばれる(資本を参照)。カール・マルクスは著書『資本論』の中で「生産手段が少数の資本家に集中し、一方で自分の労働力を売るしか生活手段がない多数の労働者が存在する生産様式」として「資本主義」と定義した。なお、あくまで経済面から見たもので、イデオロギーにおける自由主義・民主主義とは関係ない。
rdfs:label
  • 資本主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:政治的思想・立場 of
is prop-ja:特記すべき概念 of
is prop-ja:研究分野 of
is foaf:primaryTopic of