Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 費 立(ひ りつ、生没年不詳)は、中国三国時代末期から西晋の人物。蜀漢・晋に仕えた。字は不明。益州犍為郡南安県の人。父は費詩。裴松之が引く『蜀世譜』(孫盛著)に記述がある。父同様、蜀の滅亡まで仕えた。蜀の滅亡後は、在らぬ噂を立てられ不遇の身であったが、蜀の旧臣で西晋の高官になっていた何攀が、費立のために弁護したため誤解が解け、仕官が叶う事になった。後に、晋の散騎常侍にまで出世した。西晋以降、犍為郡の費姓の人物で名声・官位を得たのは、全て費詩・費立父子の末裔であったと伝わる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 562048 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53487026 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 費 立(ひ りつ、生没年不詳)は、中国三国時代末期から西晋の人物。蜀漢・晋に仕えた。字は不明。益州犍為郡南安県の人。父は費詩。裴松之が引く『蜀世譜』(孫盛著)に記述がある。父同様、蜀の滅亡まで仕えた。蜀の滅亡後は、在らぬ噂を立てられ不遇の身であったが、蜀の旧臣で西晋の高官になっていた何攀が、費立のために弁護したため誤解が解け、仕官が叶う事になった。後に、晋の散騎常侍にまで出世した。西晋以降、犍為郡の費姓の人物で名声・官位を得たのは、全て費詩・費立父子の末裔であったと伝わる。
rdfs:label
  • 費立
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of