貴族院(きぞくいん)は、明治憲法下の日本における帝国議会の上院である。1890年(明治23年)11月29日から1947年(昭和22年)5月2日まで設置されていた。貴院と略称された。両院制(二院制)をともに構成する衆議院とは同格の関係にあったが、予算先議権は下院にあたる衆議院が有していた。 貴族院令に基づき皇族議員、華族議員及び勅任議員によって構成され、解散はなく、議員任期は7年の者と終身任期の者があった。全議員が非公選であるが、有識者が勅任により議員となる制度が存在していた。 1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行により華族制度と同時に廃止され、議会上院の後継機関として、国会の参議院(さんぎいん)が設立された。参議院は、解散はないままで任期6年の3年毎の半数の改選による通常選挙で、総選挙による衆議院議員の選出と同様、全員公選の議員により構成されることになり、皇族が議員の職に就くことはなくなり、終身任期制も廃止、勅任議員職も廃止された。

Property Value
dbo:abstract
  • 貴族院(きぞくいん)は、明治憲法下の日本における帝国議会の上院である。1890年(明治23年)11月29日から1947年(昭和22年)5月2日まで設置されていた。貴院と略称された。両院制(二院制)をともに構成する衆議院とは同格の関係にあったが、予算先議権は下院にあたる衆議院が有していた。 貴族院令に基づき皇族議員、華族議員及び勅任議員によって構成され、解散はなく、議員任期は7年の者と終身任期の者があった。全議員が非公選であるが、有識者が勅任により議員となる制度が存在していた。 1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行により華族制度と同時に廃止され、議会上院の後継機関として、国会の参議院(さんぎいん)が設立された。参議院は、解散はないままで任期6年の3年毎の半数の改選による通常選挙で、総選挙による衆議院議員の選出と同様、全員公選の議員により構成されることになり、皇族が議員の職に就くことはなくなり、終身任期制も廃止、勅任議員職も廃止された。 (ja)
  • 貴族院(きぞくいん)は、明治憲法下の日本における帝国議会の上院である。1890年(明治23年)11月29日から1947年(昭和22年)5月2日まで設置されていた。貴院と略称された。両院制(二院制)をともに構成する衆議院とは同格の関係にあったが、予算先議権は下院にあたる衆議院が有していた。 貴族院令に基づき皇族議員、華族議員及び勅任議員によって構成され、解散はなく、議員任期は7年の者と終身任期の者があった。全議員が非公選であるが、有識者が勅任により議員となる制度が存在していた。 1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行により華族制度と同時に廃止され、議会上院の後継機関として、国会の参議院(さんぎいん)が設立された。参議院は、解散はないままで任期6年の3年毎の半数の改選による通常選挙で、総選挙による衆議院議員の選出と同様、全員公選の議員により構成されることになり、皇族が議員の職に就くことはなくなり、終身任期制も廃止、勅任議員職も廃止された。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 325521 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16154 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81567952 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上下院、一院制
prop-ja:任期
  • 7 (xsd:integer)
  • 終身(皇族、公侯、勅選) (ja)
prop-ja:定数
  • 無し (ja)
  • 無し (ja)
prop-ja:廃止年月日
  • --05-02
prop-ja:成立年月日
  • --11-29
prop-ja:所在地
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
prop-ja:議会運営
prop-ja:議院名
  • 貴族院 (ja)
  • 貴族院 (ja)
prop-ja:選挙制度
  • なし(皇族、公侯) (ja)
  • 互選(伯子男、多額納税、学士院) (ja)
  • 勅任(勅選) (ja)
  • なし(皇族、公侯) (ja)
  • 互選(伯子男、多額納税、学士院) (ja)
  • 勅任(勅選) (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 貴族院(きぞくいん)は、明治憲法下の日本における帝国議会の上院である。1890年(明治23年)11月29日から1947年(昭和22年)5月2日まで設置されていた。貴院と略称された。両院制(二院制)をともに構成する衆議院とは同格の関係にあったが、予算先議権は下院にあたる衆議院が有していた。 貴族院令に基づき皇族議員、華族議員及び勅任議員によって構成され、解散はなく、議員任期は7年の者と終身任期の者があった。全議員が非公選であるが、有識者が勅任により議員となる制度が存在していた。 1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行により華族制度と同時に廃止され、議会上院の後継機関として、国会の参議院(さんぎいん)が設立された。参議院は、解散はないままで任期6年の3年毎の半数の改選による通常選挙で、総選挙による衆議院議員の選出と同様、全員公選の議員により構成されることになり、皇族が議員の職に就くことはなくなり、終身任期制も廃止、勅任議員職も廃止された。 (ja)
  • 貴族院(きぞくいん)は、明治憲法下の日本における帝国議会の上院である。1890年(明治23年)11月29日から1947年(昭和22年)5月2日まで設置されていた。貴院と略称された。両院制(二院制)をともに構成する衆議院とは同格の関係にあったが、予算先議権は下院にあたる衆議院が有していた。 貴族院令に基づき皇族議員、華族議員及び勅任議員によって構成され、解散はなく、議員任期は7年の者と終身任期の者があった。全議員が非公選であるが、有識者が勅任により議員となる制度が存在していた。 1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行により華族制度と同時に廃止され、議会上院の後継機関として、国会の参議院(さんぎいん)が設立された。参議院は、解散はないままで任期6年の3年毎の半数の改選による通常選挙で、総選挙による衆議院議員の選出と同様、全員公選の議員により構成されることになり、皇族が議員の職に就くことはなくなり、終身任期制も廃止、勅任議員職も廃止された。 (ja)
rdfs:label
  • 貴族院 (日本) (ja)
  • 貴族院 (日本) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:occupation of
is dbo:region of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:laterwork of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:office of
is prop-ja:precededBy of
is prop-ja:その他職歴 of
is prop-ja:前職 of
is prop-ja:動機 of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:官位 of
is prop-ja:当選回数 of
is prop-ja:役職 of
is prop-ja:担当官庁 of
is prop-ja:政治運動 of
is prop-ja:研究機関 of
is prop-ja:職名 of
is prop-ja:職業 of
is prop-ja:肩書き of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is prop-ja:選挙区 of
is prop-ja:除隊後 of
is foaf:primaryTopic of