Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 貯蓄・投資の所得決定理論(ちょちく・とうしのしょとくけっていりろん)とは、投資と貯蓄の一致が所得水準が変化することによってもたらされるとする理論。古典派の貯蓄・投資の利子率決定理論では、貯蓄(供給)と投資(需要)とが一致しない場合、利子率(価格)の変動によってこれが調整されると考えられた。すなわち貯蓄が投資を上回っていれば利子率が下落し、反対に投資が貯蓄を上回っていれば利子率が上昇することによって、貯蓄と投資との一致が導かれる。これを批判したケインズは、貯蓄は所得水準の関数であると考え、投資とその乗数効果によって生まれた所得から行われる貯蓄が一致するところで社会全体の所得水準が決定されると主張した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1111517 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2927 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55870814 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 貯蓄・投資の所得決定理論(ちょちく・とうしのしょとくけっていりろん)とは、投資と貯蓄の一致が所得水準が変化することによってもたらされるとする理論。古典派の貯蓄・投資の利子率決定理論では、貯蓄(供給)と投資(需要)とが一致しない場合、利子率(価格)の変動によってこれが調整されると考えられた。すなわち貯蓄が投資を上回っていれば利子率が下落し、反対に投資が貯蓄を上回っていれば利子率が上昇することによって、貯蓄と投資との一致が導かれる。これを批判したケインズは、貯蓄は所得水準の関数であると考え、投資とその乗数効果によって生まれた所得から行われる貯蓄が一致するところで社会全体の所得水準が決定されると主張した。
rdfs:label
  • 貯蓄・投資の所得決定理論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of