Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 貫(かん)は、尺貫法における質量の単位、また江戸時代以前の通貨の単位である。江戸時代の一貫は分銅および定位貨幣の実測によれば平均して3.736キログラムで年代を通じてほぼ一定であったが、江戸時代後期(19世紀以降)にやや増加して3.75キログラムを超えたという。1貫は1000匁に当たり、明治時代に 1貫 = 正確に3.75キログラム(kg) と定義された。通貨単位の貫は1000文、100疋に相当する。これらを区別するため、質量単位の方を貫目(かんめ、一貫分の目方の略)、通貨単位の方を貫文(かんもん)という場合もある。貫は日本では、計量法上の「非法定計量単位」であり、取引・証明に使用することは禁止されている(計量法第8条第1項、罰則は第173条(50万円以下の罰金))。貫の1000分の1である匁は、「真珠の質量の計量」に限定して使用することができる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 10563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2573 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 78 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58957083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:si
  • 正確に3.75 kg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
prop-ja:定義
  • kg
prop-ja:度量衡
prop-ja:物理量
prop-ja:由来
  • 銭貨1000枚の重さ
prop-ja:画像
prop-ja:語源
  • 銭貫
prop-ja:読み
  • かん
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 貫(かん)は、尺貫法における質量の単位、また江戸時代以前の通貨の単位である。江戸時代の一貫は分銅および定位貨幣の実測によれば平均して3.736キログラムで年代を通じてほぼ一定であったが、江戸時代後期(19世紀以降)にやや増加して3.75キログラムを超えたという。1貫は1000匁に当たり、明治時代に 1貫 = 正確に3.75キログラム(kg) と定義された。通貨単位の貫は1000文、100疋に相当する。これらを区別するため、質量単位の方を貫目(かんめ、一貫分の目方の略)、通貨単位の方を貫文(かんもん)という場合もある。貫は日本では、計量法上の「非法定計量単位」であり、取引・証明に使用することは禁止されている(計量法第8条第1項、罰則は第173条(50万円以下の罰金))。貫の1000分の1である匁は、「真珠の質量の計量」に限定して使用することができる。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of