Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 貞観地震(じょうがんじしん)は、平安時代前期の貞観11年5月26日(ユリウス暦869年7月9日、グレゴリオ暦7月13日)に、日本の陸奥国東方沖(日本海溝付近)の海底を震源域として発生したと推定されている巨大地震である。地震の規模は少なくともマグニチュード8.3以上であったとされる。地震に伴って発生した津波による被害も甚大であった。この地域に周期的に発生する三陸沖地震の1つとして理解されてきたため、貞観三陸地震と呼称されることがある。他にできる限り元号を外して「9世紀陸奥海溝地震」のような自然科学的名称も考えられている。「東北地方太平洋沖地震」(東日本大震災)が、この地震の再来ではないかと言われている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2314590 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 256 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58664534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
  • --05-26
  • --07-09
prop-ja:deaths
  • 死者約1000人
prop-ja:name
  • 貞観地震
prop-ja:scale
  • 8.700000 (xsd:double)
prop-ja:scaletype
  • マグニチュード 8.3 - 8.6, Mw >
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:tsunami
  • あり
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 貞観地震(じょうがんじしん)は、平安時代前期の貞観11年5月26日(ユリウス暦869年7月9日、グレゴリオ暦7月13日)に、日本の陸奥国東方沖(日本海溝付近)の海底を震源域として発生したと推定されている巨大地震である。地震の規模は少なくともマグニチュード8.3以上であったとされる。地震に伴って発生した津波による被害も甚大であった。この地域に周期的に発生する三陸沖地震の1つとして理解されてきたため、貞観三陸地震と呼称されることがある。他にできる限り元号を外して「9世紀陸奥海溝地震」のような自然科学的名称も考えられている。「東北地方太平洋沖地震」(東日本大震災)が、この地震の再来ではないかと言われている。
rdfs:label
  • 貞観地震
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of