豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体:豐臣 秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。 初め木下氏で、後に羽柴氏に改める。皇胤説があり、諸系図に源氏や平氏を称したように書かれているが、近衛家の猶子となって藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓されて本姓とした。 尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる()。当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、清洲会議で信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、朝廷から豊臣の姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。天下統一後は太閤検地や刀狩令、惣無事令、石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。 墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城などが機知に富んだ功名立志伝として知られる。

Property Value
dbo:abstract
  • 豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体:豐臣 秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。 初め木下氏で、後に羽柴氏に改める。皇胤説があり、諸系図に源氏や平氏を称したように書かれているが、近衛家の猶子となって藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓されて本姓とした。 尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる()。当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、清洲会議で信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、朝廷から豊臣の姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。天下統一後は太閤検地や刀狩令、惣無事令、石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。 墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城などが機知に富んだ功名立志伝として知られる。 (ja)
  • 豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体:豐臣 秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。 初め木下氏で、後に羽柴氏に改める。皇胤説があり、諸系図に源氏や平氏を称したように書かれているが、近衛家の猶子となって藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓されて本姓とした。 尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる()。当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、清洲会議で信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、朝廷から豊臣の姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。天下統一後は太閤検地や刀狩令、惣無事令、石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。 墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城などが機知に富んだ功名立志伝として知られる。 (ja)
dbo:alias
  • 木下藤吉郎 → 秀吉 → 羽柴秀吉 → 藤原秀吉 → 豊臣秀吉 (ja)
  • 別名:元吉 (ja)
  • 国泰祐松院殿霊山俊龍大居士 (ja)
  • 渾名:木綿藤吉、豊太閤、猿、禿げ鼠 (ja)
  • 豊国大明神 (ja)
  • 木下藤吉郎 → 秀吉 → 羽柴秀吉 → 藤原秀吉 → 豊臣秀吉 (ja)
  • 別名:元吉 (ja)
  • 国泰祐松院殿霊山俊龍大居士 (ja)
  • 渾名:木綿藤吉、豊太閤、猿、禿げ鼠 (ja)
  • 豊国大明神 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1695821 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 72277 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81586534 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:1a
  • 徳富 (ja)
  • 徳富 (ja)
prop-ja:1pp
  • 205 (xsd:integer)
prop-ja:1y
  • 1935 (xsd:integer)
prop-ja:2a
  • 渡辺 (ja)
  • 渡辺 (ja)
prop-ja:2pp
  • 95 (xsd:integer)
prop-ja:2y
  • 1919 (xsd:integer)
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:caption
  • 阿弥陀ヶ峰の豊国廟 (ja)
  • 明治時代に再建された京都の豊国神社 (ja)
  • 阿弥陀ヶ峰の豊国廟 (ja)
  • 明治時代に再建された京都の豊国神社 (ja)
prop-ja:image
  • Houkokubyo.jpg (ja)
  • Toyokuni jinja01s1024.jpg (ja)
  • Houkokubyo.jpg (ja)
  • Toyokuni jinja01s1024.jpg (ja)
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 別名:元吉 (ja)
  • 渾名:木綿藤吉、豊太閤、猿、禿げ鼠 (ja)
  • 別名:元吉 (ja)
  • 渾名:木綿藤吉、豊太閤、猿、禿げ鼠 (ja)
prop-ja:墓所
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:戒名
  • 国泰祐松院殿霊山俊龍大居士 (ja)
  • 国泰祐松院殿霊山俊龍大居士 (ja)
prop-ja:改名
  • 木下藤吉郎 → 秀吉 → 羽柴秀吉 → 藤原秀吉 → 豊臣秀吉 (ja)
  • 木下藤吉郎 → 秀吉 → 羽柴秀吉 → 藤原秀吉 → 豊臣秀吉 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --08-18
prop-ja:氏名
  • 豊臣秀吉 (ja)
  • 豊臣秀吉 (ja)
prop-ja:氏族
  • 木下氏(平姓 or 宇多源氏佐々木流)→ 羽柴氏(平姓 → 藤原姓(猶子)→ 豊臣姓(賜姓)) (ja)
  • 木下氏(平姓 or 宇多源氏佐々木流)→ 羽柴氏(平姓 → 藤原姓(猶子)→ 豊臣姓(賜姓)) (ja)
prop-ja:父母
  • 父:木下弥右衛門(竹阿弥、昌吉ほか多数)、木下氏泰 (ja)
  • 母:大政所(天瑞院、なか) (ja)
  • 継父:竹阿弥、猶父:近衛前久 (ja)
  • 父:木下弥右衛門(竹阿弥、昌吉ほか多数)、木下氏泰 (ja)
  • 母:大政所(天瑞院、なか) (ja)
  • 継父:竹阿弥、猶父:近衛前久 (ja)
prop-ja:特記事項
  • 馬印は「金瓢箪」。「一の谷馬蘭兜」は秀吉の代表的兜とされる。 (ja)
  • 馬印は「金瓢箪」。「一の谷馬蘭兜」は秀吉の代表的兜とされる。 (ja)
prop-ja:生誕
  • --02-06
prop-ja:画像
  • Toyotomi hideyoshi.jpg (ja)
  • Toyotomi hideyoshi.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 豊臣秀吉像(狩野光信筆 高台寺蔵) (ja)
  • 豊臣秀吉像(狩野光信筆 高台寺蔵) (ja)
prop-ja:神号
  • 豊国大明神 (ja)
  • 豊国大明神 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体:豐臣 秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。 初め木下氏で、後に羽柴氏に改める。皇胤説があり、諸系図に源氏や平氏を称したように書かれているが、近衛家の猶子となって藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓されて本姓とした。 尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる()。当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、清洲会議で信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、朝廷から豊臣の姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。天下統一後は太閤検地や刀狩令、惣無事令、石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。 墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城などが機知に富んだ功名立志伝として知られる。 (ja)
  • 豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体:豐臣 秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。 初め木下氏で、後に羽柴氏に改める。皇胤説があり、諸系図に源氏や平氏を称したように書かれているが、近衛家の猶子となって藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓されて本姓とした。 尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる()。当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、清洲会議で信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、朝廷から豊臣の姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。天下統一後は太閤検地や刀狩令、惣無事令、石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。 墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城などが機知に富んだ功名立志伝として知られる。 (ja)
rdfs:label
  • 豊臣秀吉 (ja)
  • 豊臣秀吉 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 豊臣秀吉 (ja)
  • 豊臣秀吉 (ja)
is dbo:bandMember of
is dbo:enshrinedDeity of
is dbo:isPartOfMilitaryConflict of
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:relative of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:conflict of
is prop-ja:currentMembers of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:result of
is prop-ja:revamp of
is prop-ja:rulers of
is prop-ja:中興 of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:代表 of
is prop-ja: of
is prop-ja: of
is prop-ja:子供 of
is prop-ja:家祖 of
is prop-ja:建築家・技術者 of
is prop-ja:政府首脳人物 of
is prop-ja:氏祖 of
is prop-ja:特記事項 of
is prop-ja:祭神 of
is prop-ja:配偶者 of
is prop-ja:開基 of
is foaf:primaryTopic of