Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 豆戦車(まめせんしゃ)は、軽戦車よりさらに小型・軽量・軽装備な戦車。タンケッテ(Tankette)や豆タンクとも呼ばれる。2名ないし1名で運用し、その多くは砲塔を持たず、武装も機関銃を1-2挺備えただけの軽武装であり、実態は移動機関銃トーチカにすぎなかった。なお、一部には20mm機関砲や歩兵砲を搭載したものもある。戦間期の軍縮時代である1920年代末から1930年代末頃にかけて数多く生産された。これらの戦車は、より大型の戦車に比べて安価であったため、十分な軍備を持つだけの予算のない国家や、植民地の治安維持用に配備された。装甲が薄いため、対戦車能力を持つ軍隊に相対するには生存性が低すぎ、陣地や戦車を攻撃するには火力が不足していた。他方、植民地などにおける治安維持用兵器としてはまずまずの評価を得た。特に道路などのインフラが整っていない地域では小型軽便な車両が重宝された。また、大型の戦車に比べ燃費が良いという利点もあった。直接戦闘以外では、偵察や連絡任務、火砲や物資用カーゴトレーラーの牽引にも用いられた。こうした補助的任務には、一応の装甲と自衛火器を有する豆戦車は有用だった。初めから戦車の名を冠せず、装甲車や牽引車などの名目で開発配備されたものも多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 49148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1668 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56710391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 豆戦車(まめせんしゃ)は、軽戦車よりさらに小型・軽量・軽装備な戦車。タンケッテ(Tankette)や豆タンクとも呼ばれる。2名ないし1名で運用し、その多くは砲塔を持たず、武装も機関銃を1-2挺備えただけの軽武装であり、実態は移動機関銃トーチカにすぎなかった。なお、一部には20mm機関砲や歩兵砲を搭載したものもある。戦間期の軍縮時代である1920年代末から1930年代末頃にかけて数多く生産された。これらの戦車は、より大型の戦車に比べて安価であったため、十分な軍備を持つだけの予算のない国家や、植民地の治安維持用に配備された。装甲が薄いため、対戦車能力を持つ軍隊に相対するには生存性が低すぎ、陣地や戦車を攻撃するには火力が不足していた。他方、植民地などにおける治安維持用兵器としてはまずまずの評価を得た。特に道路などのインフラが整っていない地域では小型軽便な車両が重宝された。また、大型の戦車に比べ燃費が良いという利点もあった。直接戦闘以外では、偵察や連絡任務、火砲や物資用カーゴトレーラーの牽引にも用いられた。こうした補助的任務には、一応の装甲と自衛火器を有する豆戦車は有用だった。初めから戦車の名を冠せず、装甲車や牽引車などの名目で開発配備されたものも多い。
rdfs:label
  • 豆戦車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is foaf:primaryTopic of