谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。 初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることが少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷した。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって世評高く、「文豪」「大谷崎(おおたにざき)」と称された。その一方、今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝・説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作を残している。

Property Value
dbo:abstract
  • 谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。 初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることが少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷した。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって世評高く、「文豪」「大谷崎(おおたにざき)」と称された。その一方、今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝・説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作を残している。 (ja)
  • 谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。 初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることが少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷した。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって世評高く、「文豪」「大谷崎(おおたにざき)」と称された。その一方、今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝・説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作を残している。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1965-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1910-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1965-07-30 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:genre
dbo:influenced
dbo:influencedBy
dbo:language
dbo:movement
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:relation
dbo:restingPlace
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 74996 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 37315 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80808157 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:awards
  • 文化勲章(1949年) (ja)
  • 毎日出版文化賞(1947年) (ja)
  • 国民文芸賞(1923年) (ja)
  • 朝日文化賞(1948年度) (ja)
  • 毎日芸術大賞(1962年度) (ja)
  • 文化勲章(1949年) (ja)
  • 毎日出版文化賞(1947年) (ja)
  • 国民文芸賞(1923年) (ja)
  • 朝日文化賞(1948年度) (ja)
  • 毎日芸術大賞(1962年度) (ja)
prop-ja:birthDate
  • --07-24
prop-ja:birthPlace
  • (現・東京都中央区日本橋人形町一丁目7番10号) (ja)
  • ・東京市日本橋区蛎殻町二丁目14番地 (ja)
  • (現・東京都中央区日本橋人形町一丁目7番10号) (ja)
  • ・東京市日本橋区蛎殻町二丁目14番地 (ja)
prop-ja:caption
  • 1951 (xsd:integer)
prop-ja:children
  • 恵美子(次女。松子の長女) (ja)
  • 百百子、竹田長男、有多子、(孫) (ja)
  • 鮎子(長女) (ja)
  • 恵美子(次女。松子の長女) (ja)
  • 百百子、竹田長男、有多子、(孫) (ja)
  • 鮎子(長女) (ja)
prop-ja:date
  • 20090209150150 (xsd:decimal)
prop-ja:deathDate
  • 1965-07-30 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜字蓬ヶ平 (ja)
  • ・神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜字蓬ヶ平 (ja)
prop-ja:debutWorks
  • 『刺青』(1910年) (ja)
  • 『誕生』(戯曲、1910年) (ja)
  • 『刺青』(1910年) (ja)
  • 『誕生』(戯曲、1910年) (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • 谷崎 潤一郎 (ja)
  • (たにざき じゅんいちろう) (ja)
  • 谷崎 潤一郎 (ja)
  • (たにざき じゅんいちろう) (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『蓼喰ふ虫』(1928年-1929年)『春琴抄』(1933年) (ja)
  • 『刺青』(1910年) (ja)
  • 『卍(まんじ)』(1928年-1930年) (ja)
  • 『少将滋幹の母』(1949年-1950年) (ja)
  • 『痴人の愛』(1924年-1925年) (ja)
  • 『瘋癲老人日記』(1961年-1962年) (ja)
  • 『細雪』(1944年-1948年) (ja)
  • 『鍵』(1956年) (ja)
  • 『陰翳禮讚』(随筆、1933年-1934年) (ja)
  • 『蓼喰ふ虫』(1928年-1929年)『春琴抄』(1933年) (ja)
  • 『刺青』(1910年) (ja)
  • 『卍(まんじ)』(1928年-1930年) (ja)
  • 『少将滋幹の母』(1949年-1950年) (ja)
  • 『痴人の愛』(1924年-1925年) (ja)
  • 『瘋癲老人日記』(1961年-1962年) (ja)
  • 『細雪』(1944年-1948年) (ja)
  • 『鍵』(1956年) (ja)
  • 『陰翳禮讚』(随筆、1933年-1934年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1910 (xsd:integer)
prop-ja:relations
  • dbpedia-ja:谷崎精二
  • 久右衛門(祖父) (ja)
  • 倉五郎(父)、関(母) (ja)
  • 園、伊勢、末(妹) (ja)
prop-ja:restingPlace
  • ・京都市左京区鹿ヶ谷法然院 (ja)
  • 東京都豊島区染井墓地慈眼寺に分骨 (ja)
  • ・京都市左京区鹿ヶ谷法然院 (ja)
  • 東京都豊島区染井墓地慈眼寺に分骨 (ja)
prop-ja:spouse
  • 古川丁未子(1931年-1934年) (ja)
  • 森田松子(1935年-) (ja)
  • 石川千代子(1915年-1930年) (ja)
  • 古川丁未子(1931年-1934年) (ja)
  • 森田松子(1935年-) (ja)
  • 石川千代子(1915年-1930年) (ja)
prop-ja:subject
prop-ja:title
  • ::谷崎潤一郎旧邸・鎖瀾閣:: (ja)
  • ::谷崎潤一郎旧邸・鎖瀾閣:: (ja)
prop-ja:url
  • 80.0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。 初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることが少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷した。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって世評高く、「文豪」「大谷崎(おおたにざき)」と称された。その一方、今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝・説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作を残している。 (ja)
  • 谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。 初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることが少なくないが、その作風や題材、文体・表現は生涯にわたって様々に変遷した。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって世評高く、「文豪」「大谷崎(おおたにざき)」と称された。その一方、今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝・説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作を残している。 (ja)
rdfs:label
  • 谷崎潤一郎 (ja)
  • 谷崎潤一郎 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 谷崎 潤一郎 (ja)
  • (たにざき じゅんいちろう) (ja)
  • 谷崎 潤一郎 (ja)
  • (たにざき じゅんいちろう) (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:influencedBy of
is dbo:relation of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:notableStudents of
is prop-ja:relations of
is prop-ja:writer of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:脚本 of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of