Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 谷亜ヒロコ(やあ ヒロコ)は、日本の作詞家、ライター。神奈川県川崎市生まれ。小学生の頃から10年間、大村典子のもとでピアノのレッスンを受ける。高校在学中にキーボーディストとしてデビュー。高校卒業後、いくつかのバンドを渡り歩いて結婚式場やピアノ弾きなどのバイトをしながら、バンドのボーカリストとして活動していた当時に「君は曲も歌もダメだけど、詞がいいね」と業界関係者に言われて作詞家になることを決意。レモンエンジェルの「第一級恋愛罪」で作詞家デビュー。夫は映像作家の大月壮。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3155129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56688923 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 谷亜ヒロコ(やあ ヒロコ)は、日本の作詞家、ライター。神奈川県川崎市生まれ。小学生の頃から10年間、大村典子のもとでピアノのレッスンを受ける。高校在学中にキーボーディストとしてデビュー。高校卒業後、いくつかのバンドを渡り歩いて結婚式場やピアノ弾きなどのバイトをしながら、バンドのボーカリストとして活動していた当時に「君は曲も歌もダメだけど、詞がいいね」と業界関係者に言われて作詞家になることを決意。レモンエンジェルの「第一級恋愛罪」で作詞家デビュー。夫は映像作家の大月壮。
rdfs:label
  • 谷亜ヒロコ
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of