Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『讃岐典侍日記』(さぬきのすけにっき)とは、平安時代後期に讃岐典侍藤原長子によって書かれた日記文学である。一説に天仁2年(1109年)5月頃の完成とする見方もある。(『日本古典文学全集 18』)上下巻にわかれており、上巻は、堀河天皇の看護を、下巻は鳥羽天皇についてを描く。特に下巻は、文中、現在と過去がめまぐるしく入れ替わり、堀河天皇を追慕する心情を描いている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 133649 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 35393502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『讃岐典侍日記』(さぬきのすけにっき)とは、平安時代後期に讃岐典侍藤原長子によって書かれた日記文学である。一説に天仁2年(1109年)5月頃の完成とする見方もある。(『日本古典文学全集 18』)上下巻にわかれており、上巻は、堀河天皇の看護を、下巻は鳥羽天皇についてを描く。特に下巻は、文中、現在と過去がめまぐるしく入れ替わり、堀河天皇を追慕する心情を描いている。
rdfs:label
  • 讃岐典侍日記
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of