Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 警醒社(けいせいしゃ)は日本のプロテスタントの最初の超教派の出版社。1883年(明治16年)7月に創立される。警醒社の設立の発起人は日本基督教会富士見町教会牧師植村正久、日本基督組合教会安中教会執事湯浅治郎、小崎弘道であった。主な出資者は、湯浅治郎、柳瀬議富、岡見清致、小崎弘道らであった。資本金は3000円余りで、湯浅が事務を担当し、実質的な資金繰りと運営を行っていた。創立した一ヵ月後の8月に『東京毎週新報』(1885年より基督教新聞)を創刊する。また、東京青年会が発行していたキリスト教界の総合雑誌『六合雑誌』の発行を引きついた。『東京毎週新報』は毎週一回発行され、宗教、文学、科学の論説、政治、経済の評論などを掲載した。また『六合雑誌』宗教、神学、哲学、文学、科学の方面に関する論文を掲載した。帝国大学出身者の発行していた『東洋学芸雑誌』に対抗して、キリスト教を弁証し、当時の日本の思想を啓蒙指導する役割を果たしていた。内村鑑三の著作を出版したのも警醒社であった。昭和19年(1944年)太平洋戦争中の政府により出された戦時企業整備令により、警醒社を含むプロテスタント系出版社の10社が統合して新教出版社が創設されることにより消滅した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2748984 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 906 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57959484 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 警醒社(けいせいしゃ)は日本のプロテスタントの最初の超教派の出版社。1883年(明治16年)7月に創立される。警醒社の設立の発起人は日本基督教会富士見町教会牧師植村正久、日本基督組合教会安中教会執事湯浅治郎、小崎弘道であった。主な出資者は、湯浅治郎、柳瀬議富、岡見清致、小崎弘道らであった。資本金は3000円余りで、湯浅が事務を担当し、実質的な資金繰りと運営を行っていた。創立した一ヵ月後の8月に『東京毎週新報』(1885年より基督教新聞)を創刊する。また、東京青年会が発行していたキリスト教界の総合雑誌『六合雑誌』の発行を引きついた。『東京毎週新報』は毎週一回発行され、宗教、文学、科学の論説、政治、経済の評論などを掲載した。また『六合雑誌』宗教、神学、哲学、文学、科学の方面に関する論文を掲載した。帝国大学出身者の発行していた『東洋学芸雑誌』に対抗して、キリスト教を弁証し、当時の日本の思想を啓蒙指導する役割を果たしていた。内村鑑三の著作を出版したのも警醒社であった。昭和19年(1944年)太平洋戦争中の政府により出された戦時企業整備令により、警醒社を含むプロテスタント系出版社の10社が統合して新教出版社が創設されることにより消滅した。
rdfs:label
  • 警醒社
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of