Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『警視庁南平班〜七人の刑事〜』(けいしちょうなんぺいはん・しちにんのけいじ)は、TBS系の2時間ドラマ「月曜ゴールデン」(毎週月曜日21:00 - 22:54)で2009年から放送されている刑事ドラマシリーズ。村上弘明は、月曜ゴールデン枠では初の主演作となる。原作は鳥羽亮の『警視庁捜査一課南平班』シリーズ。同系で放映された刑事ドラマ『七人の刑事』との関連は無い。番組宣伝では「刑事ドラマの名作再び」などと謳っているが、リメイク版としているわけではない。
dbpedia-owl:channel
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:storyEditor
dbpedia-owl:voice
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1867574 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12857 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57763357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:備考
  • 監督
  • 脚本
  • 林誠人
  • 視聴率
  • 13.3
  • 11.4
  • 12.4
  • 9.5
  • 11.8
  • 15.7
  • 14.9
  • 16.1
  • 中前勇児
  • 小杉晶子
prop-ja:備考1のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考2のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考3のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:出演者
prop-ja:制作局
prop-ja:副題
  • 原作
  • 原作:「指哭 強行犯刑事部屋」(光文社文庫・刊)
  • 原作:「警視庁捜査一課南平班 切り裂き魔」(講談社・刊)
  • 原作:「広域指定127号事件 警視庁捜査一課南平班」(講談社)
  • 原作:「警視庁捜査一課南平班」(講談社文庫・刊)
  • 原作:「赤の連鎖 強行犯刑事部屋」(光文社文庫・刊)
  • 原作:「首を売る死体」(講談社文庫・刊)
  • 原作:「警視庁捜査一課南平班 刑事魂」(講談社・刊)
prop-ja:原作
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 月曜ゴールデン
prop-ja:字幕
prop-ja:放送分
  • 114 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:放送日
  • --04-08
  • --05-16
  • --06-02
  • --07-02
  • --08-03
  • --08-23
  • --08-24
  • --11-07
prop-ja:放送時間
  • 月曜21:00 - 22:54
prop-ja:放送期間
  • --08-24
prop-ja:放送枠
  • 月曜ゴールデン
prop-ja:概要
  • 偶然銀座の街角で再会した、南部の親友が他殺体で発見された。続いて大分のトラック運転手が殺害された。別府市に向かった南部は、親友が6年前の自殺事件の謎を追っていたことを突き止める。
  • 南平夫妻が結婚記念日を過ごしていた神楽坂の料亭「みずかわ」で殺人事件が起こった。続いて第2の殺人が発生。事件の捜査は、闇カジノを使った不動産売買詐欺へとたどり着く。
  • 南部の亡き息子・健太の命日、多摩市鶴牧の老人ホームに高額入居金目当ての強盗が押し入った。強盗の手首に龍のタトゥーが見つかったことで、12年前健太を刺殺して逃走したひとりのチンピラ少年の影が見え始める。息子の敵への怒りを懸命にこらえながら捜査を進める南部。そして、12年後のチンピラ少年の姿は意外なところから現れた。
  • ある弁護士が謎の男に追われ、110番へ通報する間もなく撲殺された。続いて、弁護士が顧問を務めていたビューティーサロンの女社長の部下が同じく撲殺された。現場の遺留品の櫛から、弁護士・女社長・部下が木曽の同じ高校の同級生であることが判明する。そして18年前に起きた、山中でのバイクの単独死亡事故の裏が明らかになり、土産物屋の強盗殺人事件と結びつく。
  • 深夜、音大生が刺殺され、背中には3本の切り裂き傷が残っていた。南平班が動き出した。続いて第2・第3の殺人事件が起こった。被害者らが釣りクラブのメンバーつながりだったことが判明する。しかし、容疑者として浮上したタクシー運転手も殺害される。やがて、5年前に釣りクラブのイベントで少女が死亡する事故が起きていた事実が判明し、そこから事件の糸口が見つかる。
  • ある日の朝南部の家に、三猿の絵の紙に包まれた、切断された人指が届いた。それと時を同じくして、浅草の老舗和菓子店の専務が殺害された。南平班の捜査が進む中今度は、専務と会っていたホステスが殺害され、再び南部の下に、三猿の絵の紙に包まれた、切断された人指が届いた。三猿の絵から糸口を掴んだ南部は、2年前日光市で起きた交通事故へと辿り着く。被害者は、その事故の関係者だった…
  • 東京の高級ホテルで長崎の観光会社の社長が殺害され、殺害現場には「恨みの首」と書かれた短冊、不審な女の姿と髪の毛が残されていた。南平は長崎にて捜査を進め、20年前の土地取引詐欺が関係していることが判明する。
  • 那須・岩槻・墨田の異なる地域で、同時に車が爆発炎上し、それぞれの車から男性の焼死体が発見された。南平班の捜査が始まり、3人の被害者の身元・繋がりが明らかになった。3人は同じ製薬会社の関係者だった。その3人の過去には更なる謎があった。
prop-ja:番組名
  • 警視庁南平班〜七人の刑事〜
prop-ja:監督
prop-ja:脚本
prop-ja:話数
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 話数
prop-ja:音声
prop-ja:題名
  • 3 (xsd:integer)
  • 300 (xsd:integer)
  • 1000 (xsd:integer)
  • エピソードタイトル
  • 遺体に残る三本の傷跡と裂けた家族写真の驚愕の真実とは!?
  • 伊勢神宮2000年の眠りが見た死のルート!? 驚愕の真実とラスト…
  • 軍艦島・オランダ坂・出島 遺された想いが南平班を長崎へ誘う!
  • 毘沙門天400年が見た血煙の謎と涙の真実
  • 東京・埼玉・栃木3県同時爆殺事件の謎!? 全ての始まりは2年前…
  • 詩が予告する殺人と中山道を結ぶ死のルートとは!?
  • 真犯人は息子の仇!父として…刑事として…揺れる南平の悲しき叫びが富士山麓に木霊する!
  • 東照宮の猿が四百年見続けた涙の真実!?
  • 悲恋の炎に燃え上がる死体の隠された驚愕の真実とは!?
  • 東京・大分・三重で起こる瞬間移動の不可解な連鎖…
  • 日光・金沢で起こる不可解な悲劇の連鎖…
  • 湯布院・東京・登別を結ぶ血煙ルート…
  • 不可解な連鎖が復讐の炎を燃やす!
  • 亡霊が引き起こす連続殺人!?
  • 伝説が今蘇る!!
  • 伝説再び蘇る!!
  • 古都伝説殺人事件!!
  • 失われた指が誘う死のルート!
  • 復讐に燃えた不滅の愛…
  • 愛の炎が散る…
  • 謎の渓谷殺人事件! 死者は何を語る…
  • 雪山に眠る4人の悪魔達が今、蘇る!
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『警視庁南平班〜七人の刑事〜』(けいしちょうなんぺいはん・しちにんのけいじ)は、TBS系の2時間ドラマ「月曜ゴールデン」(毎週月曜日21:00 - 22:54)で2009年から放送されている刑事ドラマシリーズ。村上弘明は、月曜ゴールデン枠では初の主演作となる。原作は鳥羽亮の『警視庁捜査一課南平班』シリーズ。同系で放映された刑事ドラマ『七人の刑事』との関連は無い。番組宣伝では「刑事ドラマの名作再び」などと謳っているが、リメイク版としているわけではない。
rdfs:label
  • 警視庁南平班〜七人の刑事〜
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 警視庁南平班〜七人の刑事〜
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of