Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 論蔵(巴: Abhidhamma Pitaka, アビダンマ・ピタカ)とは、『パーリ仏典』の「三蔵」(巴: Ti-pitaka, ティピタカ)における最後の「蔵」(pitaka)であり、「論」(巴: Abhidhamma, アビダンマ)に関する文献が収められた領域のこと。部派仏教の時代、各部派ごとに各種の「論」(巴: Abhidhamma, アビダンマ、梵: Abhidharma, アビダルマ)が作られたが、今日まとまった形で現存している部派仏教時代の「論」(アビダンマ/アビダルマ)は、この南伝上座部仏教(分別説部)のパーリ語テキストと、北伝仏教に伝わる漢訳された説一切有部の『六足論』『発智論』(いわゆる「六足発智」)のみである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2996921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1588 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57434806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 論蔵(巴: Abhidhamma Pitaka, アビダンマ・ピタカ)とは、『パーリ仏典』の「三蔵」(巴: Ti-pitaka, ティピタカ)における最後の「蔵」(pitaka)であり、「論」(巴: Abhidhamma, アビダンマ)に関する文献が収められた領域のこと。部派仏教の時代、各部派ごとに各種の「論」(巴: Abhidhamma, アビダンマ、梵: Abhidharma, アビダルマ)が作られたが、今日まとまった形で現存している部派仏教時代の「論」(アビダンマ/アビダルマ)は、この南伝上座部仏教(分別説部)のパーリ語テキストと、北伝仏教に伝わる漢訳された説一切有部の『六足論』『発智論』(いわゆる「六足発智」)のみである。
rdfs:label
  • 論蔵 (パーリ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of