Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『論理哲学論考』(ろんりてつがくろんこう, 独: Logisch-Philosophische Abhandlung、英: Tractatus Logico-philosophicus)はルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの著作。ウィトゲンシュタインが生前に出版したただ一つの哲学書であり、かつ前期ウィトゲンシュタインを代表する著作である。後期ウィトゲンシュタインの代表作である『哲学探究』が『探究』と略されるのに対し、この『論理哲学論考』は『論考』と略される。第一次世界大戦のさなかの1918年に執筆され、初版はドイツで1921年に出版された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 180214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 76 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57906080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:name
  • Tractatus Logico-Philosophicus
prop-ja:no
  • 5740 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --01-01
prop-ja:正確性
  • --10-20
prop-ja:独自研究
  • --10-20
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『論理哲学論考』(ろんりてつがくろんこう, 独: Logisch-Philosophische Abhandlung、英: Tractatus Logico-philosophicus)はルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの著作。ウィトゲンシュタインが生前に出版したただ一つの哲学書であり、かつ前期ウィトゲンシュタインを代表する著作である。後期ウィトゲンシュタインの代表作である『哲学探究』が『探究』と略されるのに対し、この『論理哲学論考』は『論考』と略される。第一次世界大戦のさなかの1918年に執筆され、初版はドイツで1921年に出版された。
rdfs:label
  • 論理哲学論考
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of