Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 諏訪 哲二(すわ てつじ、1941年 - )は、元高校教師。「プロ教師の会」代表。埼玉県川越市在住。千葉県生まれ。本名・岡部忠義。1960年に定時制高校を卒業し、1964年に東京教育大学文学部卒業。埼玉県の高校で英語の教員を40年近く勤める。新設の県立高校教諭を長く務め、埼玉県立川越女子高校教諭を最後に2001年3月に定年退職。プロ教師の会(埼玉教育塾)の代表の河上亮一と並んで著名である。現在、日本教育大学院大学の客員教授として講義を担当。ちなみに「プロ教師の会」という名称は、埼玉県内の教師の勉強会として現場の実践の中から思想を生み出す事を目的にして現在の代表である河上亮一が作ったもので、当初は「埼玉教育塾」という名であった。それが後に著書を出すようになって当時の編集者が、埼玉という名がついていては地域的なものに受け取られてしまう可能性があるという理由で、「プロ教師の会」という名をつけたと言う。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 536484 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1446 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50904571 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 諏訪 哲二(すわ てつじ、1941年 - )は、元高校教師。「プロ教師の会」代表。埼玉県川越市在住。千葉県生まれ。本名・岡部忠義。1960年に定時制高校を卒業し、1964年に東京教育大学文学部卒業。埼玉県の高校で英語の教員を40年近く勤める。新設の県立高校教諭を長く務め、埼玉県立川越女子高校教諭を最後に2001年3月に定年退職。プロ教師の会(埼玉教育塾)の代表の河上亮一と並んで著名である。現在、日本教育大学院大学の客員教授として講義を担当。ちなみに「プロ教師の会」という名称は、埼玉県内の教師の勉強会として現場の実践の中から思想を生み出す事を目的にして現在の代表である河上亮一が作ったもので、当初は「埼玉教育塾」という名であった。それが後に著書を出すようになって当時の編集者が、埼玉という名がついていては地域的なものに受け取られてしまう可能性があるという理由で、「プロ教師の会」という名をつけたと言う。
rdfs:label
  • 諏訪哲二
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of