Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 説成親王(かねなりしんのう、生没年不詳)は、南北朝時代から室町時代にかけての南朝の皇族。後村上天皇の第六皇子で、長慶天皇・後亀山天皇の弟と推定される。母は不詳。子に聖淳がいる。官職は上野太守で、上野宮(こうずけのみや)・福御所と号した。本来の諱は懐成(かねなり)・懐邦(かねくに)。近世の南朝系図以来、護聖院宮家の初代親王に比定する説が通説であったが、近年の研究では史料的な裏付けを欠くとして否定されつつある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2363243 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50498465 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 説成親王(かねなりしんのう、生没年不詳)は、南北朝時代から室町時代にかけての南朝の皇族。後村上天皇の第六皇子で、長慶天皇・後亀山天皇の弟と推定される。母は不詳。子に聖淳がいる。官職は上野太守で、上野宮(こうずけのみや)・福御所と号した。本来の諱は懐成(かねなり)・懐邦(かねくに)。近世の南朝系図以来、護聖院宮家の初代親王に比定する説が通説であったが、近年の研究では史料的な裏付けを欠くとして否定されつつある。
rdfs:label
  • 説成親王
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of