Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 認識論(にんしきろん、独: Erkenntnistheorie、英: Epistemology、仏: Épistémologie)は哲学の一部門である。存在論ないし形而上学と並ぶ哲学の主要な一部門とされ、知識論(英: theory of knowledge)とも呼ばれる。認識、知識や真理の性質・起源・範囲(人が理解できる限界など)について考察する。日本語の「認識論」は独語の訳語であり、日本では人・人間を考慮した場合を主に扱う。英語と仏語の語源は「知」(希: epistēmē) + 「合理的な言説」(希: logos) 。フランスでは「エピステモロジー」という分野があるが、20世紀にフランスで生まれた科学哲学の一つの方法論ないし理論であり、日本語では「科学認識論」と訳される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1002 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 29618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 363 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58297144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 認識論(にんしきろん、独: Erkenntnistheorie、英: Epistemology、仏: Épistémologie)は哲学の一部門である。存在論ないし形而上学と並ぶ哲学の主要な一部門とされ、知識論(英: theory of knowledge)とも呼ばれる。認識、知識や真理の性質・起源・範囲(人が理解できる限界など)について考察する。日本語の「認識論」は独語の訳語であり、日本では人・人間を考慮した場合を主に扱う。英語と仏語の語源は「知」(希: epistēmē) + 「合理的な言説」(希: logos) 。フランスでは「エピステモロジー」という分野があるが、20世紀にフランスで生まれた科学哲学の一つの方法論ないし理論であり、日本語では「科学認識論」と訳される。
rdfs:label
  • 認識論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:mainInterest of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:field of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:研究分野 of
is foaf:primaryTopic of