Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 話題化(わだいか)または主題化(しゅだいか、英: topicalization)は、言語学において、形態的手段、文法的手段、あるいは音声的手段を用いて、文の一部の語句を話題(主題)として確立させる語法を指す。また、そのようにして作られた文は、話題化構文、主題化文などと呼ばれる。形態的手段とは、話題(主題)に話題マーカー(英: topic marker )を付ける語法である。話題マーカーは、主題標識、主題マーカーなどとも呼ばれる。文法的手段とは、話題(主題)を本来の位置(canonical position)から抜き出して、文頭(または文の前の方)に置く語法である。一般的に、話題は旧情報(既知情報)であり、どの言語にも「旧情報は左、新情報は右」に置かれるという語用論的原理があるとされる。言い換えれば、話題の提示(「これから、このことについて話す」)は文頭で行われるはずだということである。音声的手段とは、話題(主題)の発音を弱めにしたり、その後に小休止を入れたりする音調変化で、この3つの中では最も判別しにくい。形態的手段を用いる言語は文法的手段や音声的手段を伴うことが多く、形態的手段なしで文法的手段を用いる言語も音声的手段を伴うことが多い。音声的手段のみで話題化を行う言語もある。話題化に似たものとして、左方転位や右方転位と呼ばれる現象がある。転位(dislocation または displacement)とは、語句が本来の位置から抜き出されて文頭ないし文末に置かれる語法で、その元の位置に代名詞(再述代名詞)が付け足されるのが一般的である。話題化構文とは区別されているが、言語によっては代名詞の省略が頻繁に起こるため、その判別は必ずしも容易ではない。以下、「*」は非文を示す。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2765522 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 23414 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55534119 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 話題化(わだいか)または主題化(しゅだいか、英: topicalization)は、言語学において、形態的手段、文法的手段、あるいは音声的手段を用いて、文の一部の語句を話題(主題)として確立させる語法を指す。また、そのようにして作られた文は、話題化構文、主題化文などと呼ばれる。形態的手段とは、話題(主題)に話題マーカー(英: topic marker )を付ける語法である。話題マーカーは、主題標識、主題マーカーなどとも呼ばれる。文法的手段とは、話題(主題)を本来の位置(canonical position)から抜き出して、文頭(または文の前の方)に置く語法である。一般的に、話題は旧情報(既知情報)であり、どの言語にも「旧情報は左、新情報は右」に置かれるという語用論的原理があるとされる。言い換えれば、話題の提示(「これから、このことについて話す」)は文頭で行われるはずだということである。音声的手段とは、話題(主題)の発音を弱めにしたり、その後に小休止を入れたりする音調変化で、この3つの中では最も判別しにくい。形態的手段を用いる言語は文法的手段や音声的手段を伴うことが多く、形態的手段なしで文法的手段を用いる言語も音声的手段を伴うことが多い。音声的手段のみで話題化を行う言語もある。話題化に似たものとして、左方転位や右方転位と呼ばれる現象がある。転位(dislocation または displacement)とは、語句が本来の位置から抜き出されて文頭ないし文末に置かれる語法で、その元の位置に代名詞(再述代名詞)が付け足されるのが一般的である。話題化構文とは区別されているが、言語によっては代名詞の省略が頻繁に起こるため、その判別は必ずしも容易ではない。以下、「*」は非文を示す。
rdfs:label
  • 話題化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of