Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 詰将棋パラダイス(つめしょうぎパラダイス)は、詰将棋専門の月刊誌。「詰パラ」と略されることも多い。1946年に鶴田諸兄が刊行した「紳棋会報」が前身となり、1950年に創刊。以後何度かの休刊を経て、通算650号を超える詰将棋の老舗雑誌となっている。定期購読が主体であるが、東西の将棋会館と大都市の一部の書店で購入できる。主に読者から公募された詰将棋の問題と解答・解説から構成されている。問題は手数によって、小学校から大学院までの学歴で分類され、初心者から上級者まで楽しめる内容となっている。その年に発表された詰将棋で最も評価の高い作品に贈られる、看寿賞の発表も同誌で行われる。看寿賞の対象作品は同誌掲載作品に限らず、他の新聞、雑誌、書籍やイベント等で発表された作品も含む。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 267820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1659 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50358389 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 詰将棋パラダイス(つめしょうぎパラダイス)は、詰将棋専門の月刊誌。「詰パラ」と略されることも多い。1946年に鶴田諸兄が刊行した「紳棋会報」が前身となり、1950年に創刊。以後何度かの休刊を経て、通算650号を超える詰将棋の老舗雑誌となっている。定期購読が主体であるが、東西の将棋会館と大都市の一部の書店で購入できる。主に読者から公募された詰将棋の問題と解答・解説から構成されている。問題は手数によって、小学校から大学院までの学歴で分類され、初心者から上級者まで楽しめる内容となっている。その年に発表された詰将棋で最も評価の高い作品に贈られる、看寿賞の発表も同誌で行われる。看寿賞の対象作品は同誌掲載作品に限らず、他の新聞、雑誌、書籍やイベント等で発表された作品も含む。
rdfs:label
  • 詰将棋パラダイス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of