Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 詩(し、うた、英: poetry, poem; 仏: poésie, poème; 独: Gedicht)は、言語の表面的な意味(だけ)ではなく美学的・喚起的な性質を用いて表現される文学の一形式である。多くの地域で非常に古い起源を持つ。多くは韻文で一定の形式とリズムを持つが、例外もある。一定の形式に凝縮して言葉を収め、また効果的に感動・叙情・ビジョンなどを表すための表現上の工夫(修辞技法)が多く見られる。詩は独立したものとして書かれる場合も、詩劇・聖歌・歌詞・散文詩などに見られるように他の芸術表現と結び付いた形で書かれる場合もある。英語のpoetryやpoem、フランス語のpoésieやpoèmeなどの語は、「作ること」を意味するギリシア語ποίησις (poiesis)に由来し、技術を以て作り出された言葉を意味した。漢字の「詩」は思いや記憶を言葉にしたものを意味し、元々は西周のころの古代中国の歌謡を編纂したものを言った(のちに詩経と称される)。日本では明治になるまでは「詩」といえば漢詩を指し、「歌」は日本古来の歌謡から発したものを指した。文学の一形式として「詩」の語を使うようになったのは、西洋文学の影響から作られた『新体詩抄』などを起源とする。印刷技術が普及した後は詩の多くは活字で提供され「読まれる」ようになったが、詩は文字の発明以前から存在したとも言われ、韻文を朗唱、あるいは節を付けて歌うことが普通であった。漢詩に節を付けて詠じるものは詩吟と言う。幕末以降の日本では一時期流行し、剣舞を伴う事もあった。現代では、詩を朗読することを特にポエトリー・リーディングと呼ぶことがある。作者本人による朗読会や、音楽の演奏とコラボレーションを行うなどの試みもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2804084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 64744 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 824 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58109583 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:commons
  • Category:Poetry
prop-ja:description
  • シャルル・ボードレール『美への讃歌』。a-b-a-bの交韻。(*)
  • アロイジウス・ベルトラン『夜のガスパール』より「天使と妖精」(→テクスト)
  • エドガー・アラン・ポー『大鴉』(*)
prop-ja:filename
  • Faure - Elegie.ogg
  • Charles Baudelaire - Hymne à la beauté.ogg
  • LibriVox - The Raven - Chris Goringe.ogg
  • Aloysius Bertrand - Gaspard de la nuit, Pièces détachées, 02 L'ange et la fée.ogg
prop-ja:help
  • no
  • yes
prop-ja:title
  • 散文詩の朗読
  • ガブリエル・フォーレ『エレジー』
  • 仏詩のアレクサンドラン例
  • 英詩の強弱八歩格例
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikisource
  • en:Wikisource:Poetry
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 詩(し、うた、英: poetry, poem; 仏: poésie, poème; 独: Gedicht)は、言語の表面的な意味(だけ)ではなく美学的・喚起的な性質を用いて表現される文学の一形式である。多くの地域で非常に古い起源を持つ。多くは韻文で一定の形式とリズムを持つが、例外もある。一定の形式に凝縮して言葉を収め、また効果的に感動・叙情・ビジョンなどを表すための表現上の工夫(修辞技法)が多く見られる。詩は独立したものとして書かれる場合も、詩劇・聖歌・歌詞・散文詩などに見られるように他の芸術表現と結び付いた形で書かれる場合もある。英語のpoetryやpoem、フランス語のpoésieやpoèmeなどの語は、「作ること」を意味するギリシア語ποίησις (poiesis)に由来し、技術を以て作り出された言葉を意味した。漢字の「詩」は思いや記憶を言葉にしたものを意味し、元々は西周のころの古代中国の歌謡を編纂したものを言った(のちに詩経と称される)。日本では明治になるまでは「詩」といえば漢詩を指し、「歌」は日本古来の歌謡から発したものを指した。文学の一形式として「詩」の語を使うようになったのは、西洋文学の影響から作られた『新体詩抄』などを起源とする。印刷技術が普及した後は詩の多くは活字で提供され「読まれる」ようになったが、詩は文字の発明以前から存在したとも言われ、韻文を朗唱、あるいは節を付けて歌うことが普通であった。漢詩に節を付けて詠じるものは詩吟と言う。幕末以降の日本では一時期流行し、剣舞を伴う事もあった。現代では、詩を朗読することを特にポエトリー・リーディングと呼ぶことがある。作者本人による朗読会や、音楽の演奏とコラボレーションを行うなどの試みもある。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:mainInterest of
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:type of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:field of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:hobby of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:observances of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja:得意ジャンル of
is prop-ja:研究分野 of
is prop-ja:趣味 of
is dcterms:subject of
is foaf:primaryTopic of