Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 詠春拳(えいしゅんけん、咏春拳)は、広東省を中心に伝承されていた徒手武術を主とする中国武術。少林武術を祖とし、一般的には短橋(腕を短く使い)狭馬(歩幅が狭い)の拳法とされている。200年から300年の歴史があると考えられている。拳術を中心技術として刀術と棍術とを含むが、伝承された型を分析すると、むしろ刀術を基礎として、それを徒手拳術に応用した部分も多く見受けられる。練習に人を象った木の人形(木人樁、もくじんとう)を使用することでも有名である。手技に特徴があり、拳技は地味で見栄しないが、香港映画や、最近ではハリウッド映画などにもそのアクションの中で詠春拳の手技が見られることが多い。根本的に飛んだり跳ねたりということを一切しない、実用を重視した地味な拳法体系である。現在のほとんどの詠春拳の伝承には、小念頭、尋橋、標指、と呼ばれる(またはそれに相当する)3つの套路(空手でいう形)と、木人樁法、八斬刀や奪命雙刀と呼ばれる刀術、そして六點半棍、行者棒などと呼ばれる棍術が含まれるが、伝承によってはそれ以外の拳套や武器術も伝わっており、その全てが短橋狭馬の技術というわけでもない。永春拳は現在までに多くの分派を生じており、他の南派少林拳発生との関連もあって、どこからどこまでが永春拳であるとは定義できない。ただしもともと「永春拳」と称していたものから「言」偏のついた「詠春拳」と称するようになったのは、詠春拳王と呼ばれた広東省・佛山の武術家及び湯液家、梁贊より以降に限っており、この系統での套路(形)は小念頭、尋橋、標指の三套路のみである。これは梁贊がこの三つにまとめたからだと考えられる。(ただし後から他門派の技法や形を取り入れている混合的な流儀もある。また虚偽を教えていることも普通にあるのでかなり紛らわしい)ブルース・リーによって葉問派詠春拳が世界的に有名になってからは、世界各地に伝えられ最も多く練習される中国武術の一つになったが、ブルース・リー以前にも華僑によって東南アジア方面にも伝承されており、それぞれに独自のスタイルを形成している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 603929 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58028865 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主要技術
  • 小念頭、尋橋、標指、黐手、木人樁
prop-ja:公式ウェブサイト
prop-ja:出典の明記
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:創始者
prop-ja:大言壮語
  • --09-29
prop-ja:宣伝
  • --09-29
prop-ja:派生種目
prop-ja:流派
  • 詠春派
prop-ja:源流
prop-ja:独自研究
  • --03-15
prop-ja:発生年
  • 清代雍正年間
prop-ja:言葉を濁さない
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:読み
  • えいしゅんけん
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 詠春拳(えいしゅんけん、咏春拳)は、広東省を中心に伝承されていた徒手武術を主とする中国武術。少林武術を祖とし、一般的には短橋(腕を短く使い)狭馬(歩幅が狭い)の拳法とされている。200年から300年の歴史があると考えられている。拳術を中心技術として刀術と棍術とを含むが、伝承された型を分析すると、むしろ刀術を基礎として、それを徒手拳術に応用した部分も多く見受けられる。練習に人を象った木の人形(木人樁、もくじんとう)を使用することでも有名である。手技に特徴があり、拳技は地味で見栄しないが、香港映画や、最近ではハリウッド映画などにもそのアクションの中で詠春拳の手技が見られることが多い。根本的に飛んだり跳ねたりということを一切しない、実用を重視した地味な拳法体系である。現在のほとんどの詠春拳の伝承には、小念頭、尋橋、標指、と呼ばれる(またはそれに相当する)3つの套路(空手でいう形)と、木人樁法、八斬刀や奪命雙刀と呼ばれる刀術、そして六點半棍、行者棒などと呼ばれる棍術が含まれるが、伝承によってはそれ以外の拳套や武器術も伝わっており、その全てが短橋狭馬の技術というわけでもない。永春拳は現在までに多くの分派を生じており、他の南派少林拳発生との関連もあって、どこからどこまでが永春拳であるとは定義できない。ただしもともと「永春拳」と称していたものから「言」偏のついた「詠春拳」と称するようになったのは、詠春拳王と呼ばれた広東省・佛山の武術家及び湯液家、梁贊より以降に限っており、この系統での套路(形)は小念頭、尋橋、標指の三套路のみである。これは梁贊がこの三つにまとめたからだと考えられる。(ただし後から他門派の技法や形を取り入れている混合的な流儀もある。また虚偽を教えていることも普通にあるのでかなり紛らわしい)ブルース・リーによって葉問派詠春拳が世界的に有名になってからは、世界各地に伝えられ最も多く練習される中国武術の一つになったが、ブルース・リー以前にも華僑によって東南アジア方面にも伝承されており、それぞれに独自のスタイルを形成している。
rdfs:label
  • 詠春拳
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:源流 of
is foaf:primaryTopic of