Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 評価(ひょうか)(英: evaluation, assessment)は、 物事・性質・能力などの良し悪しや美醜などを調べて価値を定めること。 品物の値段を定めること、またはその値段。 1または2の意味で、高い価値や高い値段を付けること。 計算機科学において、変数に関連づけられた値などをもとに関数などの式・表現が表す値を計算すること。表示的意味論が評価の操作における理論的な枠組をあたえる。評価戦略も参照。のことである。なお1987年(昭和62年)10月発行の広辞苑第3版によれば1と2の「定める」行為とされ、その後「定めた結果が高い」ことの意味合いでも使われることとなり2008年(平成20年)1月発行第6版では3の意味合が付加されている。以下では主に1及び2について述べる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 282958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56854607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 評価(ひょうか)(英: evaluation, assessment)は、 物事・性質・能力などの良し悪しや美醜などを調べて価値を定めること。 品物の値段を定めること、またはその値段。 1または2の意味で、高い価値や高い値段を付けること。 計算機科学において、変数に関連づけられた値などをもとに関数などの式・表現が表す値を計算すること。表示的意味論が評価の操作における理論的な枠組をあたえる。評価戦略も参照。のことである。なお1987年(昭和62年)10月発行の広辞苑第3版によれば1と2の「定める」行為とされ、その後「定めた結果が高い」ことの意味合いでも使われることとなり2008年(平成20年)1月発行第6版では3の意味合が付加されている。以下では主に1及び2について述べる。
rdfs:label
  • 評価
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:兵種 of
is foaf:primaryTopic of