Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 一般的に診断(しんだん、英語:diagnosis)とは、医療においては健康状態あるいは病気を患者の徴候や他方向の結果から見分ける診断手続きである。結果に達するこの過程を診断と呼ぶ。診断と言うプロセスは、いくつかの分析で検査する広い範囲を扱う。このような検査はいくつかの推論の上に基づいており、これは診断方法と呼ばれる。検査の結果はよく考えられた理想的なものであるが、必ずしも正確なものではない。診断を誤ることは誤診と呼ばれる。医師が行っている診断のうち約10~30%ほどが誤診だと各種調査によって明らかになっている(数字は調査ごとに異なる)。医療以外においてもこの語は用いられており、機械或いはある種の系について異常の有無を判断し、異常があればその種類を同定し、何らかの介入(修理)が必要かどうかを判断する作業を診断と言う。コンピュータを備えた機械は自己診断機能を持ったものが多い(ハードディスクのSMARTなどが代表的)が、最終的な判断(本当に異常なのか、修理を行うか)を行うのが人間である点は医学と同様である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 803571 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2530 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58923340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 一般的に診断(しんだん、英語:diagnosis)とは、医療においては健康状態あるいは病気を患者の徴候や他方向の結果から見分ける診断手続きである。結果に達するこの過程を診断と呼ぶ。診断と言うプロセスは、いくつかの分析で検査する広い範囲を扱う。このような検査はいくつかの推論の上に基づいており、これは診断方法と呼ばれる。検査の結果はよく考えられた理想的なものであるが、必ずしも正確なものではない。診断を誤ることは誤診と呼ばれる。医師が行っている診断のうち約10~30%ほどが誤診だと各種調査によって明らかになっている(数字は調査ごとに異なる)。医療以外においてもこの語は用いられており、機械或いはある種の系について異常の有無を判断し、異常があればその種類を同定し、何らかの介入(修理)が必要かどうかを判断する作業を診断と言う。コンピュータを備えた機械は自己診断機能を持ったものが多い(ハードディスクのSMARTなどが代表的)が、最終的な判断(本当に異常なのか、修理を行うか)を行うのが人間である点は医学と同様である。
rdfs:label
  • 診断
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of