Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 許 穆(きょ・ぼく、ホ・モク、朝鮮語:허목、1595年または1593年 12月11日-1682年4月27日)は、韓國李氏朝鮮時代後期の文臣、政治家、書家、画家である。第1次礼訟(己亥礼訟)と第2次礼訟(甲寅礼訟)の当時南人の理論家・南人の党首であり、南人強硬派淸南の首領だった。 文緯·鄭逑の門人。西人の党首宋時烈、宋浚吉の主な政敵であり、文科に合格しなくても学問的能力を認められ吏曹判書と右議政を務めた。字は文甫·和甫·文父、号は眉叟·台領老人·臺領老人·石戶丈人。別号は眉老·熙和·孔巖之世·承明·東膠老人·九疇老人·東序老人·二書圃翁、諡号文正。漢城府彰善坊(現在のソウル特別市鍾路区)の生まれ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2614297 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2255 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53897509 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:hangeul
  • 허목
prop-ja:hanja
  • 許穆
prop-ja:hiragana
  • きょ・ぼく
prop-ja:katakana
  • ホ・モク
prop-ja:latin
  • Heo Mok
prop-ja:picture
prop-ja:title
  • 許穆
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 許 穆(きょ・ぼく、ホ・モク、朝鮮語:허목、1595年または1593年 12月11日-1682年4月27日)は、韓國李氏朝鮮時代後期の文臣、政治家、書家、画家である。第1次礼訟(己亥礼訟)と第2次礼訟(甲寅礼訟)の当時南人の理論家・南人の党首であり、南人強硬派淸南の首領だった。 文緯·鄭逑の門人。西人の党首宋時烈、宋浚吉の主な政敵であり、文科に合格しなくても学問的能力を認められ吏曹判書と右議政を務めた。字は文甫·和甫·文父、号は眉叟·台領老人·臺領老人·石戶丈人。別号は眉老·熙和·孔巖之世·承明·東膠老人·九疇老人·東序老人·二書圃翁、諡号文正。漢城府彰善坊(現在のソウル特別市鍾路区)の生まれ。
rdfs:label
  • 許穆
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of