Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 記憶の干渉(きおくのかんしょう)はある記憶が他の記憶によって影響されることである。互いに類似した記憶ほど干渉が起こりやすい。記憶の干渉は抑制と促進に分けられる。実験的には抑制のほうが促進よりも起こりやすい。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 177131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 4 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49776220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 記憶の干渉(きおくのかんしょう)はある記憶が他の記憶によって影響されることである。互いに類似した記憶ほど干渉が起こりやすい。記憶の干渉は抑制と促進に分けられる。実験的には抑制のほうが促進よりも起こりやすい。
rdfs:label
  • 記憶の干渉
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of