Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 計画都市(けいかくとし、planned community、planned city)は、都市建設の当初から周到に計画された都市ないし集落で、未開発地域に建設される場合に典型的な形態をとる。計画都市は、よりアドホックな形で発展してきた集落との対比において位置づけられる。周到に計画された計画都市においては、土地利用紛争 (Land-use conflict)はあまり起こらない。なお、「ニュータウン」という用語は、ニュータウン運動 (new towns movement) による計画都市を指す表現で、おもにイギリスにおけるものを指す。英語のニュータウンは、ある都市や地域、家屋配置が明確な認識に基づいてのプランであり、既成市街地が計画都市または少なくとも標的の解体が完全にフリーだった市街地整備は、戦争での破壊、悲惨な火災害後にクリアされた場所だからである。インドの都市ムンバイ近郊のナビムンバイは、世界最大の計画都市である。ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化の過程では、まったくの未利用地や、先住民族の集落を破壊した跡地に、計画に基づく都市が建設されることがよくあった。計画都市はある都市の、または以前にほとんど、あるいはまったく無生息の土地に、通常、政治的意志から生まれた共通のセットでもって短時間で構築されている。これらのプロジェクトは1つの時間データと理想都市に対する意見で特徴づけられる。それらはしばしば規則的な軌跡(星の中やチェス盤など)を採用し、公共の建物、サービスの組織構成、および時々建設者に課された建築上の制約は、社会か知的プログラムを課せられる。人間社会での願望や欲求が都市構造に現実になって反映し、その後議題イデオロギーや宗教観を体現させる。数十年後計画都市は、その目新しさを失うが、元の基盤の歴史的な中心部には、人間の冒険の証人、または個人的な思想がそのままで在り続ける。 シャルル3世 (ロレーヌ公)の下のナンシー、あるいはより最近でグルノーブルのように、いくつかの旧市街はそれら自身が「新市街」をさらに(実際に最初自由な土地に構築された地区に)付加することになる。スペイン語圏の国で計画された都市の例としては、ラ・プラタとラ・プンタ(La Punta )(以上アルゼンチン)、リオバンバ(Riobamba, 以上エクアドル)、ジェグロス(Yegros, 以上パラグアイ)、カンクンとジワタネホ(Zihuatanejo)、プエブラ(以上メキシコ)、サンタテクラ(以上エルサルバドル)、アランフェス、ラ・カロリナまたはトレス・カントス(以上スペイン)、シウダーグアヤナ(以上ベネズエラ)、がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2802948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 59273 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58775662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 計画都市(けいかくとし、planned community、planned city)は、都市建設の当初から周到に計画された都市ないし集落で、未開発地域に建設される場合に典型的な形態をとる。計画都市は、よりアドホックな形で発展してきた集落との対比において位置づけられる。周到に計画された計画都市においては、土地利用紛争 (Land-use conflict)はあまり起こらない。なお、「ニュータウン」という用語は、ニュータウン運動 (new towns movement) による計画都市を指す表現で、おもにイギリスにおけるものを指す。英語のニュータウンは、ある都市や地域、家屋配置が明確な認識に基づいてのプランであり、既成市街地が計画都市または少なくとも標的の解体が完全にフリーだった市街地整備は、戦争での破壊、悲惨な火災害後にクリアされた場所だからである。インドの都市ムンバイ近郊のナビムンバイは、世界最大の計画都市である。ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化の過程では、まったくの未利用地や、先住民族の集落を破壊した跡地に、計画に基づく都市が建設されることがよくあった。計画都市はある都市の、または以前にほとんど、あるいはまったく無生息の土地に、通常、政治的意志から生まれた共通のセットでもって短時間で構築されている。これらのプロジェクトは1つの時間データと理想都市に対する意見で特徴づけられる。それらはしばしば規則的な軌跡(星の中やチェス盤など)を採用し、公共の建物、サービスの組織構成、および時々建設者に課された建築上の制約は、社会か知的プログラムを課せられる。人間社会での願望や欲求が都市構造に現実になって反映し、その後議題イデオロギーや宗教観を体現させる。数十年後計画都市は、その目新しさを失うが、元の基盤の歴史的な中心部には、人間の冒険の証人、または個人的な思想がそのままで在り続ける。 シャルル3世 (ロレーヌ公)の下のナンシー、あるいはより最近でグルノーブルのように、いくつかの旧市街はそれら自身が「新市街」をさらに(実際に最初自由な土地に構築された地区に)付加することになる。スペイン語圏の国で計画された都市の例としては、ラ・プラタとラ・プンタ(La Punta )(以上アルゼンチン)、リオバンバ(Riobamba, 以上エクアドル)、ジェグロス(Yegros, 以上パラグアイ)、カンクンとジワタネホ(Zihuatanejo)、プエブラ(以上メキシコ)、サンタテクラ(以上エルサルバドル)、アランフェス、ラ・カロリナまたはトレス・カントス(以上スペイン)、シウダーグアヤナ(以上ベネズエラ)、がある。
rdfs:label
  • 計画都市
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:settlementType of
is foaf:primaryTopic of