Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 解離(かいり)は、錯体や分子および塩などが分離または分裂し、より小さい分子や、イオンもしくはラジカルを生じる一般的な過程である。なお、解離反応は多くの場合において可逆反応である。共有結合が切断される場合は同意語として 開裂(かいれつ)とも呼ぶ。また、塩がイオンに分かれる解離のことを電離とも呼ぶ。解離の反意語(逆反応)は結合や再結合。小分子への分離の場合には、会合も反意語となる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 636439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57838540 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 解離(かいり)は、錯体や分子および塩などが分離または分裂し、より小さい分子や、イオンもしくはラジカルを生じる一般的な過程である。なお、解離反応は多くの場合において可逆反応である。共有結合が切断される場合は同意語として 開裂(かいれつ)とも呼ぶ。また、塩がイオンに分かれる解離のことを電離とも呼ぶ。解離の反意語(逆反応)は結合や再結合。小分子への分離の場合には、会合も反意語となる。
rdfs:label
  • 解離 (化学)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of