Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 解離性障害(かいりせいしょうがい、英: Dissociative Disorder; DD)とは、アメリカ精神医学会の『精神障害の診断と統計マニュアル』 (DSM-IV-TR)における精神疾患の分類のひとつである。自分が自分であるという感覚が失われている状態、まるでカプセルの中にいるような感覚で現実感がなかったり、ある時期の記憶が全く無かったり、いつの間にか自分の知らない場所にいるなどが日常的に起こり、生活面での様々な支障をきたしている状態をさす。その中でもっとも重いものが解離性同一性障害である。DSMと並ぶ国際的診断基準、世界保健機関 (WHO) のICD-10において、解離性障害に該当するものは解離性(転換性)障害であるが、名称にも現れているように、その範囲は異なる。
dbpedia-owl:icd10
  • F44
dbpedia-owl:icd9
  • -
  • 300.12
  • 300.14
dbpedia-owl:meshId
  • D004213
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 448912 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59109863 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:icd
  • 300.120000 (xsd:double)
  • 300.140000 (xsd:double)
  • -
  • F44
prop-ja:meshid
  • D004213
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 解離性障害(かいりせいしょうがい、英: Dissociative Disorder; DD)とは、アメリカ精神医学会の『精神障害の診断と統計マニュアル』 (DSM-IV-TR)における精神疾患の分類のひとつである。自分が自分であるという感覚が失われている状態、まるでカプセルの中にいるような感覚で現実感がなかったり、ある時期の記憶が全く無かったり、いつの間にか自分の知らない場所にいるなどが日常的に起こり、生活面での様々な支障をきたしている状態をさす。その中でもっとも重いものが解離性同一性障害である。DSMと並ぶ国際的診断基準、世界保健機関 (WHO) のICD-10において、解離性障害に該当するものは解離性(転換性)障害であるが、名称にも現れているように、その範囲は異なる。
rdfs:label
  • 解離性障害
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dcterms:subject of
is foaf:primaryTopic of