Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 解離性同一性障害(かいりせいどういつせいしょうがい、英: Dissociative Identity Disorder ; DID)は、解離性障害のひとつである。かつては多重人格障害(英: Multiple Personality Disorder ; MPD)と呼ばれていた。解離性障害は本人にとって堪えられない状況を、離人症のようにそれは自分のことではないと感じたり、あるいは解離性健忘などのようにその時期の感情や記憶を切り離して、それを思い出せなくすることで心のダメージを回避しようとすることから引き起こされる障害であるが、解離性同一性障害は、その中でもっとも重く、切り離した感情や記憶が成長して、別の人格となって表に現れるものである。日本精神神経学会のDSM‒5病名・用語翻訳ガイドラインでは解離性同一症に名称変更した。
dbpedia-owl:commonName
  • 解離性同一性障害
dbpedia-owl:icd10
  • F44.8
dbpedia-owl:icd9
  • 300.14
dbpedia-owl:meshId
  • D009105
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 549464 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 90891 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58142587 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 一人の人間が複数の解離した人格を持つ状態を表現した絵画
prop-ja:icd
  • 300.140000 (xsd:double)
  • F44.8
prop-ja:meshid
  • D009105
prop-ja:name
  • 解離性同一性障害
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 解離性同一性障害(かいりせいどういつせいしょうがい、英: Dissociative Identity Disorder ; DID)は、解離性障害のひとつである。かつては多重人格障害(英: Multiple Personality Disorder ; MPD)と呼ばれていた。解離性障害は本人にとって堪えられない状況を、離人症のようにそれは自分のことではないと感じたり、あるいは解離性健忘などのようにその時期の感情や記憶を切り離して、それを思い出せなくすることで心のダメージを回避しようとすることから引き起こされる障害であるが、解離性同一性障害は、その中でもっとも重く、切り離した感情や記憶が成長して、別の人格となって表に現れるものである。日本精神神経学会のDSM‒5病名・用語翻訳ガイドラインでは解離性同一症に名称変更した。
rdfs:label
  • 解離性同一性障害
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:subject of
is dcterms:subject of
is foaf:primaryTopic of