Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 解毒剤(げどくざい、Antidote)は、中毒を緩和することのできる物質のことである。この言葉は、ギリシア語の「antididonai」(与えられた対抗)に由来する。ある種の毒の場合、動物に少量の毒を注射して、でき上がった抗体を血中から抽出することによって解毒剤(血清)を作る場合がある。この方法により、毒蛇、毒蜘蛛、その他の有毒生物の毒に対する解毒剤が作られている。多くの生物毒には有効な解毒剤が存在せず、このような毒で咬まれたり刺されたりすると死に至ることがある。例えば蜘蛛、サソリ、蜂など節足動物によるある種の毒は、アレルギー反応が起こったり、アナフィラキシーショックが起こった場合、アドレナリンの使用とかアレルギー反応やアナフィラキシー・ショックに対処できる解毒剤がないとその毒は致死性になる可能性を秘めている。その他の毒については解毒剤はほとんど知られていない。例えばアコニチン中毒の場合、さまざまな種類のトリカブトによりさまざまな種類の極めて有毒なアルカロイドについて、ほとんど有効な解毒剤がなく、仮にヒトが致死量を摂取した場合、結果として死を招くこととなる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2145956 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3630 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57281527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 解毒剤(げどくざい、Antidote)は、中毒を緩和することのできる物質のことである。この言葉は、ギリシア語の「antididonai」(与えられた対抗)に由来する。ある種の毒の場合、動物に少量の毒を注射して、でき上がった抗体を血中から抽出することによって解毒剤(血清)を作る場合がある。この方法により、毒蛇、毒蜘蛛、その他の有毒生物の毒に対する解毒剤が作られている。多くの生物毒には有効な解毒剤が存在せず、このような毒で咬まれたり刺されたりすると死に至ることがある。例えば蜘蛛、サソリ、蜂など節足動物によるある種の毒は、アレルギー反応が起こったり、アナフィラキシーショックが起こった場合、アドレナリンの使用とかアレルギー反応やアナフィラキシー・ショックに対処できる解毒剤がないとその毒は致死性になる可能性を秘めている。その他の毒については解毒剤はほとんど知られていない。例えばアコニチン中毒の場合、さまざまな種類のトリカブトによりさまざまな種類の極めて有毒なアルカロイドについて、ほとんど有効な解毒剤がなく、仮にヒトが致死量を摂取した場合、結果として死を招くこととなる。
rdfs:label
  • 解毒剤
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of