親鸞(しんらん、承安3年4月1日 - 弘長2年11月28日)は、鎌倉時代前半から中期にかけての日本の仏教家。浄土真宗の宗祖とされる。 法然を師と仰いでからの生涯に亘り、「法然によって明らかにされた浄土往生を説く真実の教え」を継承し、さらに高めて行く事に力を注いだ。自らが開宗する意志は無かったと考えられる。独自の寺院を持つ事はせず、各地に簡素な念仏道場を設けて教化する形をとる。親鸞の念仏集団の隆盛が、既成の仏教教団や浄土宗他派からの攻撃を受けるなどする中で、宗派としての教義の相違が明確となり、親鸞の没後に宗旨として確立される事になる。浄土真宗の立教開宗の年は、『顕浄土真実教行証文類』(以下、『教行信証』)が完成した寛元5年(1247年)とされるが、定められたのは親鸞の没後である。

Property Value
dbo:abstract
  • 親鸞(しんらん、承安3年4月1日 - 弘長2年11月28日)は、鎌倉時代前半から中期にかけての日本の仏教家。浄土真宗の宗祖とされる。 法然を師と仰いでからの生涯に亘り、「法然によって明らかにされた浄土往生を説く真実の教え」を継承し、さらに高めて行く事に力を注いだ。自らが開宗する意志は無かったと考えられる。独自の寺院を持つ事はせず、各地に簡素な念仏道場を設けて教化する形をとる。親鸞の念仏集団の隆盛が、既成の仏教教団や浄土宗他派からの攻撃を受けるなどする中で、宗派としての教義の相違が明確となり、親鸞の没後に宗旨として確立される事になる。浄土真宗の立教開宗の年は、『顕浄土真実教行証文類』(以下、『教行信証』)が完成した寛元5年(1247年)とされるが、定められたのは親鸞の没後である。 (ja)
  • 親鸞(しんらん、承安3年4月1日 - 弘長2年11月28日)は、鎌倉時代前半から中期にかけての日本の仏教家。浄土真宗の宗祖とされる。 法然を師と仰いでからの生涯に亘り、「法然によって明らかにされた浄土往生を説く真実の教え」を継承し、さらに高めて行く事に力を注いだ。自らが開宗する意志は無かったと考えられる。独自の寺院を持つ事はせず、各地に簡素な念仏道場を設けて教化する形をとる。親鸞の念仏集団の隆盛が、既成の仏教教団や浄土宗他派からの攻撃を受けるなどする中で、宗派としての教義の相違が明確となり、親鸞の没後に宗旨として確立される事になる。浄土真宗の立教開宗の年は、『顕浄土真実教行証文類』(以下、『教行信証』)が完成した寛元5年(1247年)とされるが、定められたのは親鸞の没後である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 9155 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 37432 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81299540 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • 〔房号〕善信房 (ja)
  • 〔房号〕善信房 (ja)
prop-ja:
  • 俗名(配流時)- 藤井善信 (ja)
  • 俗名(配流時)- 藤井善信 (ja)
prop-ja:名前
  • 親鸞 (ja)
  • 親鸞 (ja)
prop-ja:宗旨
  • (ja)
  • 非僧非俗 (ja)
  • (ja)
  • 非僧非俗 (ja)
prop-ja:尊称
  • 親鸞聖人・宗祖聖人・開山聖人 (ja)
  • 親鸞聖人・宗祖聖人・開山聖人 (ja)
prop-ja:
prop-ja:幼名
  • 松若磨・松若丸・十八公麿 (ja)
  • 松若磨・松若丸・十八公麿 (ja)
prop-ja:
prop-ja:弘長2年11月28日]]<br/><spanStyle
  • --04-01
  • --05-14
  • --05-21
prop-ja:弟子
  • dbpedia-ja:乗然
  • dbpedia-ja:唯円
  • dbpedia-ja:善鸞
  • dbpedia-ja:如信
  • 唯仏、戸森の唯信、 畠谷(幡谷)の唯信、 (ja)
  • 〔二十四輩〕性信、真仏、順信、 (ja)
  • 入西(道円)、穴沢の入信、念信、 (ja)
  • 八田の入信、明法(弁円)、慈善、 (ja)
  • 是真、無為信、善念、信願、定信、 (ja)
  • 鳥喰の唯円、他 (ja)
  • (厳密には、親鸞に師事した人物) (ja)
prop-ja:没地
prop-ja:法名
  • 〔叡山修行時〕範宴 (ja)
  • 〔吉水入門後〕綽空 ⇒ 善信/親鸞 (ja)
  • 〔越後配流後〕(愚禿)釋親鸞 (ja)
  • 〔叡山修行時〕範宴 (ja)
  • 〔吉水入門後〕綽空 ⇒ 善信/親鸞 (ja)
  • 〔越後配流後〕(愚禿)釋親鸞 (ja)
prop-ja:生地
prop-ja:生没年
  • [[#誕生 (ja)
  • [[#誕生 (ja)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:著作
  • 『教行信証』、『三帖和讃』、[[#著書 (ja)
  • 『教行信証』、『三帖和讃』、[[#著書 (ja)
prop-ja:説明文
  • 「安城御影」 (ja)
  • 「安城御影」 (ja)
prop-ja:諡号
  • 見真大師(1876年追贈) (ja)
  • 見真大師(1876年追贈) (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 親鸞(しんらん、承安3年4月1日 - 弘長2年11月28日)は、鎌倉時代前半から中期にかけての日本の仏教家。浄土真宗の宗祖とされる。 法然を師と仰いでからの生涯に亘り、「法然によって明らかにされた浄土往生を説く真実の教え」を継承し、さらに高めて行く事に力を注いだ。自らが開宗する意志は無かったと考えられる。独自の寺院を持つ事はせず、各地に簡素な念仏道場を設けて教化する形をとる。親鸞の念仏集団の隆盛が、既成の仏教教団や浄土宗他派からの攻撃を受けるなどする中で、宗派としての教義の相違が明確となり、親鸞の没後に宗旨として確立される事になる。浄土真宗の立教開宗の年は、『顕浄土真実教行証文類』(以下、『教行信証』)が完成した寛元5年(1247年)とされるが、定められたのは親鸞の没後である。 (ja)
  • 親鸞(しんらん、承安3年4月1日 - 弘長2年11月28日)は、鎌倉時代前半から中期にかけての日本の仏教家。浄土真宗の宗祖とされる。 法然を師と仰いでからの生涯に亘り、「法然によって明らかにされた浄土往生を説く真実の教え」を継承し、さらに高めて行く事に力を注いだ。自らが開宗する意志は無かったと考えられる。独自の寺院を持つ事はせず、各地に簡素な念仏道場を設けて教化する形をとる。親鸞の念仏集団の隆盛が、既成の仏教教団や浄土宗他派からの攻撃を受けるなどする中で、宗派としての教義の相違が明確となり、親鸞の没後に宗旨として確立される事になる。浄土真宗の立教開宗の年は、『顕浄土真実教行証文類』(以下、『教行信証』)が完成した寛元5年(1247年)とされるが、定められたのは親鸞の没後である。 (ja)
rdfs:label
  • 親鸞 (ja)
  • 親鸞 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:家祖 of
is prop-ja:弟子 of
is prop-ja:影響を受けた人物 of
is prop-ja:開基 of
is prop-ja:開山 of
is dct:subject of
is foaf:primaryTopic of