Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 覚深入道親王(かくしん/かくじん にゅうどうしんのう、天正16年5月5日(1588年5月29日) - 慶安元年閏1月21日(1648年3月15日))は、江戸時代前期の皇族、真言宗の僧。後陽成天皇の第1皇子。母は典侍中山親子。仁和寺第21世門跡。出家前の諱は良仁親王(かたひと しんのう)。後南御室とも呼ばれる。覚深法親王(〜ほっしんのう)としたものも多いが、親王宣下は出家前にすでに受けているので正しくは法親王ではなく入道親王である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 417547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2729 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55552723 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 覚深入道親王(かくしん/かくじん にゅうどうしんのう、天正16年5月5日(1588年5月29日) - 慶安元年閏1月21日(1648年3月15日))は、江戸時代前期の皇族、真言宗の僧。後陽成天皇の第1皇子。母は典侍中山親子。仁和寺第21世門跡。出家前の諱は良仁親王(かたひと しんのう)。後南御室とも呼ばれる。覚深法親王(〜ほっしんのう)としたものも多いが、親王宣下は出家前にすでに受けているので正しくは法親王ではなく入道親王である。
rdfs:label
  • 覚深入道親王
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of