Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 視界外射程(beyond-visual-range、BVR)ミサイル(BVRAAM)とは20 nmi (37 km)またはそれ以上の有効射程距離を持つ空対空ミサイルである。この射程距離は2段式ロケット モーターまたはブースターロケットとラムジェットの使用によって到達し得る。さらに射程能力でミサイルは同様にこの射程距離で目標を追尾するか飛行中に目標を捕捉する能力を備える必要がある。システムはミサイルが使用する情報を飛行中に送信する。初期の空対空ミサイルではミサイルを目標まで誘導する為に発射した機体から照射するセミアクティブレーダー誘導が使用されていた。最新の世代のBVRミサイルではセミアクティブとアクティブレーダーを併用する。このようなミサイルは当初は単純なビームライディング設計だった。1954年にアメリカ海軍のスカイナイトに装備されたスパロー1は最初に運用されたBVRミサイルだった。 これらの原始的なBVRミサイルは間もなくセミアクティブレーダーホーミング(SARH)を使用したミサイルに置き換えられた。これは発射する航空機のレーダーで目標を直接照射してミサイルの追尾装置は目標からの反射を"見る"事により単一目標追尾(STT)モードで"捕捉"する。レーダーアンテナは目標に当たるまで"照射"しなければならない。レイセオン AIM-7 スパローやR-27のようなミサイルは反射波を追尾する大半のレーザー誘導弾も反射したレーザーを追尾する。いくつかの長射程ミサイルは現在でもこの技術を使用する。最初にアクティブレーダー追尾装置を導入した空対空ミサイルは1972年に運用開始のF-14 トムキャットによって運搬されるAIM-54 フェニックスである。これにより危険の伴う発射装置から命中するまでのレーダーの照射が不要になった。フェニックスとトムキャットのAN/AWG-9レーダーは複数の目標を個別に追尾して発射可能でトムキャット/フェニックスは1991年にAMRAAMが導入されるまで唯一のものだった。レイセオンのAIM-120 AMRAAMやヴィーンペルの生産するR-77ような新型の打ちっぱなし式ミサイルでは慣性誘導システム(INS)と組み合わせて発射した航空機からの目標情報と視界外射程射撃のための片方または双方向データリンクによる更新と典型的なアクティブレーダーホーミングによる最終誘導への切り替えを併用する。この種のミサイルはミサイルを発射した後は目標を発射した航空機から照射する必要が無いだけでなく発射する為のレーダーでの捕捉は全て不要で目標追尾情報のみで良いという利点を備える。これによりミサイル発射後に目標を見失う危険性や同様に発射後、航空機は旋回してもミサイルは最終追尾段階に入ったり他の航空機の撃墜に向う。ヒューズ(現在の レイセオン)のAIM-54フェニックスミサイルとヴィーンペルの製造するR-37のような超長射程ミサイルも同様にこの技術を使用する。R-27のいくつかの派生型はセミアクティブレーダーホーミング (SARH) を初期誘導で使用し、最終段階で受動的赤外線誘導を使用する。この種のミサイルは打ちっぱなし式よりも飛行の多くの部分でアクティブ誘導の必要性とするが、たとえ最終的な数秒間で捕捉が外れても2方式の誘導を併用するのでチャフを散布しても逃げ切る事は困難である。有視界外ミサイルの効果には批判が伴う。大きな戦果をあげたとされる砂嵐作戦時でさえ早期警戒管制機、F-15CのNCTR(非協力的目標識別、en)と同様に敵の問題等の要素が大きく影響したとされる。BVRを主要な手段とするにはIFF技術(敵味方識別装置)の信頼性がまだ不十分である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3227811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57730769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 視界外射程(beyond-visual-range、BVR)ミサイル(BVRAAM)とは20 nmi (37 km)またはそれ以上の有効射程距離を持つ空対空ミサイルである。この射程距離は2段式ロケット モーターまたはブースターロケットとラムジェットの使用によって到達し得る。さらに射程能力でミサイルは同様にこの射程距離で目標を追尾するか飛行中に目標を捕捉する能力を備える必要がある。システムはミサイルが使用する情報を飛行中に送信する。初期の空対空ミサイルではミサイルを目標まで誘導する為に発射した機体から照射するセミアクティブレーダー誘導が使用されていた。最新の世代のBVRミサイルではセミアクティブとアクティブレーダーを併用する。このようなミサイルは当初は単純なビームライディング設計だった。1954年にアメリカ海軍のスカイナイトに装備されたスパロー1は最初に運用されたBVRミサイルだった。 これらの原始的なBVRミサイルは間もなくセミアクティブレーダーホーミング(SARH)を使用したミサイルに置き換えられた。これは発射する航空機のレーダーで目標を直接照射してミサイルの追尾装置は目標からの反射を"見る"事により単一目標追尾(STT)モードで"捕捉"する。レーダーアンテナは目標に当たるまで"照射"しなければならない。レイセオン AIM-7 スパローやR-27のようなミサイルは反射波を追尾する大半のレーザー誘導弾も反射したレーザーを追尾する。いくつかの長射程ミサイルは現在でもこの技術を使用する。最初にアクティブレーダー追尾装置を導入した空対空ミサイルは1972年に運用開始のF-14 トムキャットによって運搬されるAIM-54 フェニックスである。これにより危険の伴う発射装置から命中するまでのレーダーの照射が不要になった。フェニックスとトムキャットのAN/AWG-9レーダーは複数の目標を個別に追尾して発射可能でトムキャット/フェニックスは1991年にAMRAAMが導入されるまで唯一のものだった。レイセオンのAIM-120 AMRAAMやヴィーンペルの生産するR-77ような新型の打ちっぱなし式ミサイルでは慣性誘導システム(INS)と組み合わせて発射した航空機からの目標情報と視界外射程射撃のための片方または双方向データリンクによる更新と典型的なアクティブレーダーホーミングによる最終誘導への切り替えを併用する。この種のミサイルはミサイルを発射した後は目標を発射した航空機から照射する必要が無いだけでなく発射する為のレーダーでの捕捉は全て不要で目標追尾情報のみで良いという利点を備える。これによりミサイル発射後に目標を見失う危険性や同様に発射後、航空機は旋回してもミサイルは最終追尾段階に入ったり他の航空機の撃墜に向う。ヒューズ(現在の レイセオン)のAIM-54フェニックスミサイルとヴィーンペルの製造するR-37のような超長射程ミサイルも同様にこの技術を使用する。R-27のいくつかの派生型はセミアクティブレーダーホーミング (SARH) を初期誘導で使用し、最終段階で受動的赤外線誘導を使用する。この種のミサイルは打ちっぱなし式よりも飛行の多くの部分でアクティブ誘導の必要性とするが、たとえ最終的な数秒間で捕捉が外れても2方式の誘導を併用するのでチャフを散布しても逃げ切る事は困難である。有視界外ミサイルの効果には批判が伴う。大きな戦果をあげたとされる砂嵐作戦時でさえ早期警戒管制機、F-15CのNCTR(非協力的目標識別、en)と同様に敵の問題等の要素が大きく影響したとされる。BVRを主要な手段とするにはIFF技術(敵味方識別装置)の信頼性がまだ不十分である。
rdfs:label
  • 視界外射程ミサイル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:種類 of
is foaf:primaryTopic of